FX

FXの取引(トレード)方法の種類と特徴についてのまとめ

投稿日:2016年12月1日 更新日:

FXの取引(トレード)方法には大きく分けて4種類の取引方法があります。

取引の頻度が多い順に解説していきます。

スキャルピング(超短期トレード)

スキャルピングとは、1時間の間に何度もエントリーと決済を行います。わずかな値動きの利幅を狙って、1回のエントリーで数pipsから10pipsくらいの小さな利益をコツコツと積み重ねていくトレードスタイルです。一般的に利幅が小さいことから高いレバレッジをかけて、1日に何回もトレードを行います。超短期でトレードを行うことから、PCにはりついて、相場の状況を監視し続ける時間とトレードチャンスを逃さない集中力が必要になります。スキャルピングは、わずかな値動きを捉えていくので、値動き(ボラティリティ)が大きい相場が適しています。トレードの期間が短いことから、基本的にはファンダメンタルの影響はあまり受けず、テクニカル指標を中心にトレードしていきます。FX業者を選ぶ際に、短期間に小さな値幅を取っていくので、スプレッドが狭くないと利益を積み重ねる際に利益を奪われてしまいます。また、決済した際にスリップして正確に約定しないのも致命的なので、約定力の高いFX業者を選択することも重要になってきます。

デイトレード(短期トレード)

デイトレードとは、1日の間にエントリーと決済を行います。1日1回から2回程度のトレードになります。その日のうちに取引を終わらせて、ポジションも持たない状態にし、寝ている間の相場変動の影響を受けないようにするのが基本です。狙う値幅は、10pipsから100pipsくらいを狙っていきます。デイトレードで気をつけることは、小さく負けて大きく勝つ、損小利大が重要になってきます。時間足は、1分足や5分足を中心にトレードしていくことが多いですが、時間足や日足も同時に見ながら、値動き全体の流れを掴むことも必要です。

スイングトレード(中長期トレード)

スイングトレードとは1日から1ヶ月程度の間にエントリーと決済を行います。ポジションの保有期間が長いので、1回のトレードで大きな利幅を獲得することができます。逆に言えば、損切りが遅れると大きな損失を抱えてしまう危険性があり、注意が必要です。値動きの小さいトレンド相場よりも、値動きの大きいトレンド相場を得意とします。そのため、通貨ペアはトレンドが出やすい通貨ペアで取引するのが適しています。大きな利幅を扱うので、レバレッジを低く抑えてトレードしないとリスクが高くなります。時間足は、1時間足や日足を見てトレードを行い、週足や月足で全体の流れを把握するために参考にします。中長期のトレードなので、パソコンの前にはりつく必要がなく、兼業トレーダーに向いています。

キャリートレード(長期トレード)

キャリートレードとは、1ヶ月から1年程度の間でエントリーと決済を行います。金利の高い通過ペアを選択して、主にスワップ金利と呼ばれる2つの通貨の金利差を毎日獲得することを目的としています。長期間、ポジションを保有すればするほど、スワップ金利をたくさん獲得することができます。注意すべきは、相場の変動でスワップポイントよりもトレードの損失が上回ってしまうとマイナスになってしまいます。あくまでも、トレードでも収支がプラスになるタイミングでエントリーすることが重要です。長期に保有し続けると相場の監視が甘くなり、急激な大きな相場変動があった際に資金を大きく減らしてしまうリスクがあるので注意が必要です。

自分に合ったトレードを選ぼう

私は本業があるため、トレード時間が限られるので、スイングトレードをデモで練習しています。スイングトレードは、ポジションの保有期間が長く、相場の変動も緩やかなので、時間に追われることがないので、精神的にも負担が低く、個人的にはトレードしやすいと感じています。

本業がある兼業トレーダーは、超短期でトレードできるスキャルピングは、取引頻度が多く、集中力を必要としますが、短い時間で勝負がつくので選択肢に入ると思います。私の場合は、スキャルピングは、集中力の継続が必要なのと、ずっとチャートに張りついていることが疲れるので、選択肢にはいれませんでした。トレードが好きでたくさんトレードをしたい、集中力の続く人には、スキャルピングという選択肢もありだと思います。

仕事のない休日には、1日でトレードが完結するデイトレードにも挑戦しています。だいたい1日に1、2回ポジションを保有して、その日のうちに約定しています。デイトレードをするとき、チャートに張りつかなくてもいいように、人気で売れ筋のトレードツールドラストFXと自作のインジケーターを組み合わせて、デモトレードをしながらFXの研究しています。

<スポンサーリンク>

Pandora2   YTM(MUGEN)

-FX
-, , ,

関連記事

オンライントレード

FXコピートレードという不労収入を試した結果

FXは、MT4のデモ口座で、FXのトレードの練習をして、利益できるようになってから、ライブ口座で、リアルマネーのトレードをすればいいので、おすすめできます。実は、FXには、ほかにもトレード方法がありま …

オンライントレード

ドローダウンで資金が半減したコピートレードシステムのその後

コピートレードを、現在1つ(2つのストラテジーで)運用しています。 以前、このシステムがドローダウンを起こし、資金が半減しました。 コピートレードの元記事↓ FXコピートレードという不労収入を試した結 …

オンライントレード

元本を回復した不労所得であるコピートレードの最終的な結末

コピートレードを、1つ(2つのストラテジーで)運用していました。 コピートレードの過去記事 FXコピートレードという不労収入を試した結果 ドローダウンで資金が半減したコピートレードシステムのその後 簡 …

オンライントレード

プログラムが自動で売買してくれるFXシステムトレード(シストレ)

FXは、MT4のデモ口座で、FXのトレードの練習をして、利益できるようになってから、ライブ口座で、リアルマネーのトレードをすればいいので、おすすめできます。実は、FXには、ほかにもトレード方法がありま …

FXチャート

架空のお金でFXのトレードの練習ができるFXデモトレード

お金を少しでも増やすために、投資にも挑戦することにしました。 投資のなかで、最初に取り組むのに、おすすめなのは、FXです。 なぜ、おすすめか?というと、架空のお金でトレードの練習ができるからです。 現 …


<スポンサーリンク>