アメブロ

アメーバブログ(アメブロ)をやめました。その理由とは?

投稿日:2017年8月1日 更新日:

このたび、アメーバブログ(以下、アメブロ)をやめました。アメブロで書いていた記事は、独自ドメインのワードプレスに引っ越しました。アメブロを閉鎖しようとも考えたのですが、アメブロのテスト用として残しています。アメブロのアカウントは、アメーバの他のサービスで使用する可能性があったので、閉鎖はしませんでした。

アメブロを辞めた理由としては、私はブログから収益を獲得するために、ブログを運営しようと思っているので、アメブロは、ブログを収益化するには、全く向いていないためです。アメブロでは、アフィリエイトは禁止、Googleアドセンスも貼ることはできません。ブログ自体の商用利用は禁止で、規約に違反、抵触すると、強制削除のリスクが極めて高いためです。せっかく苦労して書きためてきた記事が一瞬で吹き飛んでしまうリスクを考えると、アメブロを続けることは厳しいという結論に至りました。

アメブロでは、アメブロ内に搭載されているAmazonと楽天のアフィリエイトリンクを貼ることは、可能です。これまでアメブロで書いていた記事は、Amazonのアフィリエイトリンクを使用していたのですが、アクセスを集めてもアメブロの広告が多すぎて、広告の中に埋もれてしまい、収益を得るのが難しいです。せっかくのアクセスも、アメブロの広告に収益を持っていかれてしまうのが、もったいないと感じるようになりました。

アメブロの記事は、当初はフェイスブックの投稿をそのまま転載して、Amazonのアフィリエイトリンクを付けていただけで、きちんとしたブログではありませんでした。記事を投稿していく中で、徐々にブログとして形ができてきて、本格的にブログとして運営をするとなったときに、アメブロではきびしいという結論になりました。

アメブロのメリットとして、Amazonの審査を受けなくても、Amazonのアフィリエイトリンクを使用することができる点は、とても大きかったのですが、きちんとブログとして形ができあがってきたので、ワードプレスに移転しても、Amazonアソシエイトの審査を通過する目途がたったので、移転に踏み切りました。

独自ドメインでワードプレスに移転してからは、Amazon、楽天、Yahoo!、アドセンス、アフィリエイトのリンクを自分の思い通りに掲載することができていて、ブログを丸ごと収益化しています。

逆に、アメブロに向いている人ってどんな人?

まず考えられるのが、芸能人、有名人でしょう。公式のブロガーになれば、アメブロから報酬が支払われるみたいです。

次に考えられるのは、自分でビジネスをしていて、集客に使う場合でしょう。ただし、商用利用は禁止なので、あからさまな宣伝や物品の売買はブログの強制削除につながります。自然な形で自分のビジネスのことを伝える技術が必要になります。アメブロはSNSのような機能を搭載していますので、読者を増やしながらブログを成長させて、拡散させていけば、宣伝効果が期待できます。ただ、スパム的にこの拡散機能を使っているユーザーが多く、これを嫌うユーザーがアメブロから離れていき、空洞化していくかもしれません。

最後に、純粋に非営利でブログを楽しむ場合には、いろいろなエンターテイメントの機能が搭載されいるので、いいかもしれません。ただ、逆にユーザー間のコミュニケーションが面倒くさいという意見もあり、チャットやコメントなどで強制的にコミュニケーションを強いられるのを嫌うユーザーもいるみたいです。

おそらく今後アメブロを使うことはないでしょう

アメブロは、あまりにも制約が多いので、今後、アメブロを使うことは、おそらくないと思います。確かにアメブロには、SNSのような機能があり、情報を拡散できる点はとても魅力だと思います。しかし、アメブロに限ったことではありませんが、ライバルもたくさんいるので、しっかり取り組んでいかないとそんなに簡単ではないです。やはりブログを収益化するのであれば、独自ドメインのワードプレスやアフィエイト可能な無料ブログのほうが、自由度が高く、収益化しやすいので、断然おすすめです。

<スポンサーリンク>

Pandora2   YTM(MUGEN)

-アメブロ
-,

関連記事

アメブロで読者を整理する手順

読者登録の上限は1000件で、これ以上は読者申請ができません。 自分のアメブロの読者数を増やすためには、読者登録を相互にしている読者以外は、読者登録を解除して、消していく作業が必要で、読者を整理する必 …


<スポンサーリンク>