ネット転売

オークション輸入転売に初めて挑戦してみた結果

投稿日:2013年12月1日 更新日:

インターネットビジネスで稼ぐ方法の一つに輸入転売があります。このオークション輸入転売に挑戦してみました。

まずは商品を仕入れなければなりません。仕入れるサイトはebay(http://www.ebay.com/)を利用しました。
ebayはアメリカに本社のある世界最大のオークションサイトでいろいろな国でオークションサービスを提供しています。

今回はアメリカのebayを利用しました。

儲かる商品を見つけるにはオークファンを使用して、過去の落札相場を調べます。

オークファンの落札商品検索の過去データ2年分を閲覧するためには、プレミアム会員に登録する必要があります。(月額498円)

オークファンプレミアム会員登録オークファンプレミアム会員登録

オークファンで落札相場を調べて、ebayで出品されている商品で、販売価格が落札相場よりも安い商品を探します。
このとき、利益をどのくらいとるかをあらかじめ決めておいて、決めた利益に満たないものは仕入れないようにします。

いろいろと検索をして、調べた結果、トイストーリー3のオルゴール(新品)が候補として見つかりました。

儲かる商品が見つかったら、日本に発送可能かどうかを確認します。発送可能でない場合は転送業者を利用します。

この商品は、アメリカ国内にしか発送できなかったので、転送業者を利用することにしました。

転送業者を利用すると、アメリカに荷物受け取り用の住所を持つことができて、その住所をebayに商品の送付先として登録しておけば、日本に荷物を転送してくれます。これで、アメリカ国内しか発送しない商品も落札することができます。転送業者はいろいろあるので、自分に合う転送業者を選ぶとよいと思います。

送料や関税などの諸経費も見積もって、最終的に利益が確保できたので、ebayでその商品に入札することにしました。

出品者の評価の数が少なかったのですが、悪い評価がなかったので、今回はチャレンジすることにしました。
(本来は良い評価が多い信頼できる出品者から購入したほうが安全です。)

ebayは自動延長がないため、終了時刻間際に自動で入札してくれるスナイプ入札というサービスを利用します。
(自動延長とは、終了時刻間際で入札するとオークションの終了時間が延長される機能です。)
今回、使用したスナイプ入札のサービスは、GIXEN(http://www.gixen.com)です。無料で利用できます。

GIXENに利益を確保できる上限の入札金額で登録しておきました。
結果、落札者が自分だけだったので、出品価格で見事に落札できました。

落札した商品の代金を支払うときは、PayPal(https://www.paypal.com)という決済サービスを利用しました。

ebayで代金を支払うときは9割はPayPalを利用します。ebay以外でも決済方法として使用できるので便利です。
PayPalの利点は、クレジットカード番号や銀行口座番号を出品者や販売者に知らせなくても購入できる点です。
ebayで商品を購入する際は、事前にPayPalに登録しておく必要があります。

PayPalを利用して商品の代金を支払う際に、発送先を転送業者のアメリカの住所に設定しました。
輸送中に破損しないように丁寧に梱包してくれるように英語で連絡をいれておきました。
英文は翻訳サイトを活用して作成しました。
(「丁寧に梱包してください」は英語で「Please pack the item carefully.」)

転送業者に荷物の登録を行って、転送業者宛てに荷物が届くのを待ちます。
(転送業者によって荷物の登録が必要ないところもあります。)

数日後、荷物が転送業者宛てに無事届きました。ここで、簡易検品を転送業者がしてくれたのですが、商品の外箱に少し凹みやシールをはがしたあとがあるということでした。新品のはずなので困りました。写真での確認をすると追加料金をとられ、利益を圧迫するので、2回ほどメールでどのような状態かを問い合わせてみました。それでもよくわからなかったのですが、あきらめて日本への転送依頼をしました。数日後、無事に荷物が自宅に届きました。すぐに中身を確認したところ、箱は少し凹みはあるものの、想像よりも状態はよくて安心しました。

商品が届いたので、次は届いた商品をオークションに出品して販売します。

本来であれば、利用者の多いヤフーオークションで売るべきなのですが、Yahoo!プレミアム会員(月額346円)に登録していないため、出品できません。今回は試しに輸入転売をしているので、無料で利用できる楽天オークションで出品しました。出品価格は利益を含めて即落できるようにしました。

出品してからウォッチリストには登録されるのですが、なかなか売れません。この状態がずっと続いていたので、再度、オークファンで落札価格を調べてみると、大幅に下落していて、赤字に価格になっていました。このため、利益をなくした価格に値下げして出品しました。それでも落札相場よりも高いのでなかなか売れません。ただ、赤字にはしたくなかったので、この価格で出品し続けることにしました。

さらに、出品について改善を行いました。

シールをはがしたあとがあったので、これをネットで検索して、きれいに取り除く方法を調べました。
油を使ってこするときれいに取り除けるという方法があったので、試してみたらきれいに取り除けました。
写真も撮り直して、枚数を増やして商品の状態をわかりやすくしました。

改善のおかげなのか次第にアクセス数が増えるようになりました。

そして、時は流れて出品を開始してから半年後、ようやく入札があり、売れてくれました。

利益はわずかしかありませんでしたが、一連の輸入転売を経験できたことは、自分にとって良い経験になりました。

<スポンサーリンク>

Pandora2   YTM(MUGEN)

-ネット転売
-, , , ,


<スポンサーリンク>