おすすめの必須WordPressプラグイン22選

ブログ

私が使っているおすすめの必須ともいえるWordPressプラグインを順に紹介します。Wordpressプラグインを選ぶ上でのポイントの1つとして、そのプラグインが日本語で表示されているかどうかです。英語だと設定を変更するときでも、翻訳するのも面倒なので、なるべく日本語化されているプラグインを選んでいます。英語のプラグインも必要なものは少し導入しています。

このブログを含め、実際に各ブログで使っている実用的なブラグインばかりなので、機能的にブログをサポートしてくれています。プラグインの中には、使用するWordPressテーマによっては、WordPressテーマにすでに備わっている機能もありますので、取捨選択して導入してもらえればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語の必須Wordpressプラグイン

それでは、まず日本語の必須のプラグインをあげていきます。

AddQuicktag

記事(文字)を装飾するときに、コードやタグを使用して装飾を行いますが、AddQuicktagを使えば、あらかじめこれらのコードやタグを登録しておくことができて、ボタン1つで簡単にコードやタグを埋め込むことができて、装飾にかける時間を短縮することができます。

All-in-One WP Migration

ブログデータを移行するときに使用するブラグインです。WordPressを別サーバーに引越しするときなどに簡単に移行ができます。私は、All-in-One WP Migrationをブログデータのバックアップに使用しています。最大アップロードサイズが、512MBを超えてくると容量制限があり、解除するためには有料になります。WordPressの容量の少ない運用初期で、このプラグインは使えます。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、投稿・コメント・その他のコンテンツについて、リンク切れと存在しない画像をチェックして、発見したら通知してくれます。使用感としては、リンク切れをすべては拾ってくれないので、あくまでも補助的な機能として使えます。リンク切れを減らすことができるので、とても便利なプラグインです。

Contact Form 7

サイトを運営する上で、お問い合わせ機能を設置しておくことは、閲覧者とコンタクトをとる上で大切です。Contact Form 7は、この問い合わせフォームを簡単に作って設置できるプラグインです。設定をすることによって、スパムの問い合わせを排除することもできます。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、Google Search Consoleに登録するためのサイトマップを自動で作成してくれます。Google Search Consoleに、このサイトマップを設定することで、Googleにインデックスされるように通知してくれます。検索エンジンのクローラーが正しく巡回してくれるようになります。

Imsanity

Imsanityは、WordPressにアップロードした画像ファイルを自動でリサイズしてくれます。画像ファイルを自動で圧縮してくれるので、アップロードする前に画像ファイルをリサイズする手間が減り、画像が重くないので、サイト表示速度が改善されます。

Japanese Font for WordPress

Japanese Font for WordPress は、プラグインを追加するだけで特殊な日本語フォントが使えるようになります。単一的なフォントの文章だとおもしろみがないときに、使うと文章に変化がでて、ほかのブログとの差別化ができます。設定が必要ないので簡単に使えます。

No Self Pings

WordPressの初期設定では、ピンバックが有効になっているので、内部リンクでもピンバックが発生してしまいます。No Self Pingsは、WordPressのセルフピンバックを停止してくれるプラグインです。特に設定は必要ないので、簡単に導入ができるプラグインです。

PS Auto Sitemap

閲覧者向けのサイトマップを自動的に作成してくれます。HTML形式のサイトマップで、簡単にサイト(ブログ)内に埋め込むことができます。表示されるスタイルもいくつか用意されていて、選ぶことができます。サイトマップがあることで閲覧者は目的のコンテンツにアクセスしやすくなり、ユーザービリティが上がります。

Pz-LinkCard

Pz-LinkCardは、ブログカード形式のリンクを表示することができます。普通にテキストベースのリンクだけだと、リンクが目立ちにくいですが、ブログカード形式のリンクにすることでリンクをわかりやすくしてくれます。簡単なショートコードを書くだけで、ブログカード形式のリンクを挿入することができます。また、ブログカードの見た目や表示内容を細かく設定できます。

Shortcodes Ultimate

Shortcodes Ultimateは、50以上ものデザインパーツが使用可能で、記事を多様に装飾できるWordPressプラグインです。細かく装飾できるので、ブログの記事の見た目が格段によくなります。テキストリンク用のボタンを追加できたり、タブ表示やアコーディオン表示にできたり、動画を挿入できたりといろいろできます。

TablePress

TablePressは、記事に表を表示させたいときに使うプラグインです。いちいち長いコードを書かなくても、視覚的に簡単な操作で表を作成することができます。表を記事に埋め込むときは、短いコードを入力するだけでOKです。テーブルを装飾するときはCSSが少し必要になります。

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advancedは、WordPressのビジュアルエディタを機能拡張できるプラグインです。ビジュアルエディタに表示されている各ボタンを自由度高く、カスタマイズすることができます。記事を装飾しやすいように自分が使いやすいボタン配置に変更することができます。

WebSub/PubSubHubbub

WebSub/PubSubHubbubは、投稿した記事をGoogle・Yahoo!・Bingなどの検索エンジンに素早く知らせてくれるプラグインです。検索エンジンに早く伝わるぶん、プラグインを使っていないときより、検索結果に表示されるのが早くなり、アクセスを集めやすくなります。

WP Content Copy Protection with Color Design

WP Content Copy Protection with Color Designは、テキストコンテンツをコピーして盗作されるのを防いでくれます。具体的には、右クリックやテキストの選択を禁止します。特定のページを除外したり、特定のページのみを保護したり、柔軟な設定が可能です。

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、WordPressの初期状態から入っているプラグインです。英語版WordPressを日本語化するときに発生する、文字化けの防止・各種バグの防止・検索時のスペース誤認識の防止をしてくれます。

WP-PostViews

WP-PostViewsは、投稿や固定ページが閲覧された回数を表示してくれます。ビュー数の表示・非表示が選択でき、表示形式を自由に変更することができます。また、ボットからのビューを除外することもできます。閲覧数で記事をソートすることもでき、専用のウィジェットを搭載しています。

<CHECK!>
SEO・デザイン・機能が充実した有料WordPressテーマ THE・THOR(ザ・トール)

必要な日本語のWordpressプラグイン

必須ではありませんが、使う機能によっては必要となるWordPressプラグインをあげていきます。必要ないときは、導入しなくてよいです。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

Akismet Anti-Spamは、スパムコメントやスパムトラックバックを自動判定して分類し、自動で専用のフォルダーに振り分けてくれます。 WordPressをインストールするとデフォルトでインストールされています。記事のコメント欄を使用しない場合は、必要ないので停止または削除してもかまいません。

Easy Table of Contents

記事の見出しを自動的に目次にしてくれるプラグインです。記事の冒頭で目次を表示させたいときに導入します。目次の表示形式を細かく設定できます。目次を自動挿入させることも可能で、記事ごとに挿入するかどうかを選択することも可能です。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは、自分のサイトに人気記事を表示するウィジェットを提供してくれるプラグインです。人気記事を表示させることで、ユーザーがサイト内を巡回する回遊率を上げる効果があります。そのほかにもページビューやコメント数の多い記事の統計情報を見ることもできます。

英語のおすすめWordpressプラグイン

日本語ではなく英語表記ではありますが、とても便利なWordpressプラグインです。

AdSense Plugin WP QUADS

アドセンスやアフィリエイトをしているブログやサイトには、必須のプラグインです。事前に広告を登録しておけば、ショートコードを入力するだけで、自由に広告を挿入することができます。また、位置を設定して指定しておくことで、自動で広告を表示させることもできます。とても使い勝手がよいプラグインです。

文字列の置換は慎重に行う必要がありますので、使い方をよく調べてから使用してください。

All In One WP Security & Firewall

All In One WP Security & Firewallは、セキュリティプラグインです。Wordpressで必要なセキュリティ対策を包括的に実装できます。さまざまなセキュリティを強化してくれるので、設定が広範囲に渡りますが、セキュリティの強度を高めることができるので、導入しておきたいプラグインです。

Better Search Replace

Better Search Replaceは、Wordpress内の指定したワードで検索して、それを一括置換することができるプラグインです。この機能を使って、記事の本文の内容を、置換したい文字列を指定して、指定した文字列に一致するものを一括検索し、違う文字列に置換することができます。記事の一括修正をするときにとても便利なプラグインです。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

NextScripts: Social Networks Auto-Posterは、WordPressで記事を投稿したときに、登録しておいたTwitter・Facebookに自動投稿してくれるプラグインです。SNSと連携させいたいときは、導入しておきたいプラグインです。投稿する文言も自由に編集することが可能です。

Search Meter

ブログにブログ内検索の窓を設置しているときに、どんな検索ワードで検索されたかを追跡できるプラグインです。サイト訪問者が、ほかにどのようなことを知りたいのかがわかり、追加する記事の情報源にすることができます。

まとめ

おすすめのWordPressプラグインを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?どのプラグインも、私自身が使っているとても役に立つ便利なプラグインばかりです。WordPressのテーマによっては、そのテーマがここに挙げたプラグインの機能を有しているものもあり、そのときは、WordPressテーマの機能のほうを使っています。WordPressサイトの運営の参考になれば幸いです。

テキストのコピーはできません。