ブログで最初は文字数の少ない記事しか書けませんでした

ブログ

アドセンスなりアフィリエイトなりブログを収益化するには、何をもってしても記事を書かなければ始まりません。もちろん外注化するという方法もありますので、自分で絶対書かなければいけないというわけではありませんが、多くのブロガーはまずは自分で記事を書くという選択をすると思います。

しかし、ブログで記事を書く、文字数を多く書くということがどうしてもできずに、ブログ運営の1歩を踏み出すことができないという人もいます。書かなければいけないということはわかっていても、どうしても書いてみると手が止まってしまいます。

今では私も時間はかかるものの多いときは、5,000文字以上書くときもありますし、通常でも1,000文字から3,000文字くらいは書けるようになりました。しかし、ブログを始めた当初からそんなに書けていたわけではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最初は400文字しか書けませんでした

ブログを開始した当初は、たったの400文字程度しか書くことができませんでした。それ以上文字数を増やそうとしても、全然何を書けばいいのか思いつかないんです。ずっと頭を悩ませても、頭に文字が浮かんでこない。完全に手が止まりました。

それで、私はどうしたか?というと400文字の記事を投稿していきました。しょぼい記事ではありましたが、とりあえず投稿しました。投稿しながら、どうすればもっとボリュームのある記事になるか?どんな項目を追加すればよいか?を実際にブログに投稿しながら考えたんです。

そうしていくうちに、だんだん記事の型ができあがっていき、その型に当てはめて記事を書くことで、ボリュームのある記事が書けるようになってきました。最初に投稿した文字数の少ないしょぼい記事は、今ではブログを整理したときに削除しましたが、走りながら考えることが大切だという教訓になりました。

文字数が少なくても投稿しよう

あなたがもしブログの記事を書いても、全然文字数が足りない記事しか書けなくてもとりあえず投稿して、走りながら考えるようにしてください。投稿せずに、立ち止まってしまうと記事を書くことすらやめてしまうからです。文字数が少なくて恥ずかしいかもしれませんが、そもそも文字数の少ない記事は、検索上位に表示されないので人目にあまりふれません。

それに、ただ文字数が多ければいいのかというと、必ずしもそうではありません。余計なことを書いて、わかりにくくなり離脱率や直帰率が高くなると、それはかえってマイナスになります。まずは、投稿できたという達成感を味わってください。

そして、どうすればもっと内容を充実させて、文字数を増やせるのかを試行錯誤していきましょう。そうすることで、記事を書く練習になるので、だんだんライティングスキルが向上していきます。また、文字数を増やすためにライティングを勉強するようになります。

そうして続けていくうちに、いくつかの記事の型ができあがります。その型に当てはめてボリュームの多い記事を書くことができるようになりました。記事を書いたけど、文字数が少ないからといって、いつまでも投稿していなかったら、ブログ自体をやめていたかもしれません。

ブログ記事の文字数の目安は?

記事を実際に投稿しつつ、練習してライティングが上達したとして、ブログに投稿する記事の文字数の目安ってどのくらいなんでしょうか?ただ、闇雲にたくさんの文字数を書くわけにもいかないので、文字数の目安を知りたいところです。

この文字数の目安は何文字と固定の数値であらわすことはできません。記事を書くときはテーマに沿って書くと思いますが、あなたが狙う検索キーワードの強さによって、目安の文字数が変わってくるからです。

あなたが書きたいテーマの検索キーワードで、検索したときに1ページ目に上位表示されるサイトの中で最も文字数の多い記事よりも多い文字数を書いてください。ライバル記事よりも多い文字数が、そのテーマで記事を書くときの目安の文字数になります。

さいごに

最初はたくさんの文字数を書けなくてもいいんです。まずは、ブログ記事を書いて投稿してみることが大切です。そして、ブログ記事を投稿しながら、少しづつ肉付けしながら、新しい知識を勉強・吸収して、上達していけばいいんです。

あまり深刻に考えたり、悩んだりせずにまずは投稿してみることです。その記事がネット上に公開されても、たとえ記事がしょぼかったとしても、ただ読まれないだけなので、練習と思って気にせず投稿していきましょう。

テキストのコピーはできません。