記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります。

スリートレーダーの口座開設方法と本人確認手順 ThreeTrader

FX

スリートレーダー(ThreeTrader)の口座開設は、公式ページから3ステップ3分程度で完結するほど簡単にできます。審査も早いケースでは半日程度で完了するため、早ければ当日中にトレードを始めることも可能です。

私がスリートレーダーを選んだ理由は、業界最狭水準の狭いスプレッド!なのでスキャルピングが可能な上、海外FXでゼロカットシステムを採用しており裁量トレードに最適な仕様なんです。

この記事では、スリートレーダーのライブ口座の口座開設方法と本人確認からMT4をダウンロードしインストールするまでの流れを画像付きで解説していきます。

この記事を読むことでスムーズに口座開設を行うことができるので、すぐにトレードを開始することができます。

スリートレーダー(ThreeTrader)口座開設に必要な書類

スリートレーダーの口座開設では本人確認を行ないます。そのため、本人確認をするための書類が2点必要になってきますので、あらかじめ用意しておきましょう。

スリートレーダー口座開設必要書類

● 写真付き身分証明書
● 居住証明書

この2つの書類についてさらに詳しく解説します。

写真付き身分証明書

まず1つ目の写真付き身分証明書は、次のような書類になります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 上記以外の国が発行する写真付きの身分証明書

これらの写真付き身分証明書は有効期限内のものである必要があり、フルネーム、生年月日、発行日または有効期限が記載されており表示を確認できる必要があります。ちなみに学生証はNGです。

居住証明書

2つ目の居住証明書とは、あなたがそこに住んでいることを証明する書類のことです。言い換えれば、住所を証明する書類とも言うことができます。

居住証明書は次のような書類になります。

  • ガス・水道・電気などの公共料金の請求書
  • クレジットカードの請求書または利用明細書
  • 銀行の取引明細書
  • 住民票

などになります。

これらの居住証明書は発行から3ヵ月以内のもので現住所と本名が記載されていて表示を確認できる必要があります。

取引口座タイプを決める

スリートレーダーにRawRゼロ口座とPureスプレッド口座の2種類の口座タイプがあるので、口座開設をする際にどちらか決める必要があります。

Rawゼロ口座Pureスプレッド口座
口座通貨USD,JPYUSD,JPY
スプレッド0pipから0.5pipsから
手数料往復400円もしくは4USD/ロット無料
レバレッジ最大500:1最大500:1
最小入金額1000USDもしくは100,000円100USDもしくは10,000円
スワップ機関投資家向けスワップ一般的スワップ
Rawゼロ口座に向いている人

● プロトレーダー
● トレードに使える資金量が多い人

● 超短期のスキャルピングをする人

Pureスプレッド口座に向いている人

● 初心者や一般トレーダー
● トレードに使える資金量が少ない人

● 通常のスキャルピングをする人
● デイトレやスイングをする人

スプレッドはどちらも狭いですがより狭いスプレッドを望むなら「Rawゼロ口座」、少ない証拠金で始めたいなら「Pureスプレッド口座」を選択するという決め方ができます。

FX初心者であったり、普通のトレードをするのであれば、Pureスプレッド口座を選んでおけば間違いありません。Pureスプレッド口座でも他の海外FX証券会社に比べれば、スプレッドが狭くおすすめできます。

※私もPureスプレッド口座をスキャルピングで使っています。

もちろん、なにかしらの目的やビジョンを持ってRawゼロ口座を選択することは全く問題ありません。

スリートレーダー(ThreeTrader)の口座開設手順

スリートレーダー(ThreeTrader)の口座開設の手順を画像付きで解説していきます。

下のボタンをクリックしてライブ口座開設ページを開きます。

個人情報を入力

下のような入力フォームが表示されるので順番に入力していきます。

入力項目入力内容
ローマ字で下の名前を入力
ローマ字で上の苗字を入力
メールアドレス自分のメールアドレスを入力
国と地域自分が居住している国を選択
携帯電話番号自分の携帯電話番号を入力
ThreeTraderの口座開設フォーム(個人情報)

[クライアントポータルのパスワード]にスリートレーダーのマイページへのログイン用パスワードを入力・設定します。8文字〜15文字で大文字・小文字・数字を用いて入力します。

[パスワードを認証する]はパスワードの確認なので、同じパスワードを入力します。

最後に[私はロボットではありません]にチェックを入れます。すべての項目を入力し終えたら、1番下の[次へ]がアクティブになりますので、クリックします。

[次へ]をクリックした時点で入力したメールアドレスに「ポータルサイト開設のお知らせ」というメールが届きます。メールアドレスやパスワードが記載されているので、保管しておきましょう。

追加情報を入力

[次へ]をクリックしたら「追加情報」を入力する画面が表示されるので、入力していきます。

入力項目入力内容
生年月日生年月日の日・月・年を各項目に入力
番地、建物名自分の現住所の番地以下を日本語で入力
例:0-0-0 ハイツ●● 203 など
市区町村自分の現住所の市区町村を日本語で入力
例:横浜市
都道府県自分の現住所の都道府県を日本語で入力
例:神奈川県
郵便番号自分の現住所の郵便番号を入力
例:123-4567 (ハイフン付でOK)
ThreeTraderの口座開設フォーム(追加情報)

すべての項目に入力が完了したら[次へ]ボタンがアクティブになるので[次へ]をクリックします。

口座設定を入力

「口座設定」の入力画面が表示されるので入力していきます。

口座タイプ

「Pureスプレッド口座」または「Rawゼロ口座」を選択します。前述した「取引口座タイプを決める」の章でどちらにするかを決めていると思いますので、決めた口座を選択しましょう。

口座通貨

口座で取り扱う通貨を「JPY (日本円) 」または「USD (米ドル) 」から選択することができます。特に指定がなければ「JPY (日本円) 」を選択しておけば問題ありません。

私は日本円だけでなく米ドルの取引口座をリスク分散で持っておきたいという考えから、ここでは「USD (米ドル) 」を選択しています。

口座レバレッジ

作成する取引口座のレバレッジを選択します。最大で500倍(1:500)まで設定できます。ご自分の取引に合わせて選択してください。レバレッジは後からでも変更ができるので、わからなくてもとりあえず選択して次へ進んでも大丈夫です。

パスワード

ライブ口座ログイン用のパスワードを8文字〜15文字で大文字・小文字・数字を使って入力・設定します。「パスワードを認証する」に同じパスワードを入力します。

すべて入力が完了したら、下にスクロールして各項目にチェックが入ってるのを確認して[提出する]をクリックします。

[提出する]をクリックしたら、登録したメールアドレスに「ご申請内容について」というメールが届きます。

↓スプレッド最狭の海外FX証券会社↓

スリートレーダー(ThreeTrader)の本人確認手順

スリートレーダー(ThreeTrader)の口座開設が終わったら、次は本人確認の手続きをする必要があります。口座開設で[提出]ボタンをクリックしたら、「今すぐ認証する」という画面が表示されます。

この画面で「写真付きの身分証明書」と「居住証明書」をアップロードしていきます。

前述した「スリートレーダー(ThreeTrader)口座開設に必要な書類」の章ですでに「写真付きの身分証明書」と「居住証明書」は準備できているので、それを使用していきます。

写真付きの身分証明書のアップロード

写真付きの身分証明書をスキャナーやカメラでスキャン・撮影して、画像ファイルを作ります。文字や輪郭がはっきり見えるように、きれいに撮るように気をつけてください。

下のような表示をクリックして作成した画像ファイルを選択するか、ドロップしてファイルをアップロードします。表と裏がある場合は、表と裏両方をスキャン・撮影してアップロードします。

画像ファイルは10Mb以下のJPG、PNG、PDFファイルである必要があります。

居住証明書のアップロード

次に居住証明書をスキャナーやカメラでスキャン・撮影して、画像ファイルを作ります。こちらも文字や輪郭がはっきり見えるように、きれいに撮るようにしましょう。

最初から作成済のPDFファイルの場合はそのままアップロードしてもかまいません。

下のような表示をクリックして作成した画像ファイルを選択するか、ドロップしてファイルをアップロードします。

画像ファイルは10Mb以下のJPG、PNG、PDFファイルである必要があります。

画像をスキャン・撮影するときの注意点

  • ピントのぼやけや光の反射がない
  • 文字や画像がはっきり確認できる
  • 画像の加工をしない
  • 書類の四隅がきちんと写っている

写真付きの身分証明書と居住証明書のアップロードが完了したら[提出する]をクリックします。

本人審査

[提出する]をクリックして正常に受理されると、登録したメールアドレスに「アップロード書類受け取りのお知らせ」が届きます。

本人確認の審査は通常1営業日以内に完了するので、審査が終わって口座が開設するのを待ちましょう。万が一、書類に不備があった場合は再提出を求められるので、指示通りに再提出しましょう。

審査が完了すると次の2通のメールが届きます。

1通目のメールは口座開設が完了した旨のメール「お取引口座開設承認完了のお知らせ」が届きます。

このメールに口座番号やサーバー名、パスワードが記載されているので大切に保管しておきましょう。

2通目のメールは本人確認審査が完了した旨のメール「本人確認審査完了のお知らせ」が届きます。

これで口座開設は完了です!お疲れ様でした。ちなみに口座を有効化するためには最低入金額分入金する必要がありますので、口座を開設したら入金も済ませていまいましょう。

↓スプレッド最狭の海外FX証券会社↓

スリートレーダー(ThreeTrader)の入金方法

スリートレーダーの入金方法を簡単に解説しておきます。スリートレーダーでは入金する際に手数料などの費用は発生しません。

取引口座の種類によって最低入金額が設定されています。

スリートレーダーの各口座の初回最低入金額

  • Pureスプレッド口座:1万円(100USD)
  • Rawゼロ口座:10万円(1,000USD)

※2回目以降の最低入金額は、選択した入金方法によって変わってきます。

スリートレーダーの入金手順

スリートレーダーの公式サイトにアクセスし[ログイン]をクリックします。

登録したメールアドレスとパスワードを入力して[ログインする]をクリックします。

マイページが開いたら上のメニューの[資金管理]をクリックし、入金したい口座の[入金]ボタンをクリックします。

すると下に入金方法がずらっと表示されるので、希望の入金方法の[選択する]ボタンをクリックします。クリックしたあとは表示される案内に従って操作していきます。

例えば、Bitwalletで入金する場合だと[入金金額]と[お支払い通貨]を入力・選択して[提出する]をクリックします。

入金が受け付けられると次のような「ご入金確認のお知らせ」メールが届きます。

スリートレーダー(ThreeTrader)のMT4のインストール

スリートレーダーの取引ツールは海外のFX証券会社では最もメジャーなMT4(MetaTrader4)です。スリートレーダーのMT4のダウンロード・インストールの手順を解説します。

スリートレーダーのMT4のダウンロード

スリートレーダーの公式サイトにアクセスし[ログイン]をクリックします。

登録したメールアドレスとパスワードを入力して[ログインする]をクリックします。

上にあるメニューの[ダウンロード]をクリックすると、MetaTrader4が表示されるので、インストールしたいOSのダウンロードボタンをクリックします。今回はWindows版をダウンロードします。

Windows版のほかにiPhone版、Android版、MAC版があります。

スリートレーダーのMT4のインストール

パソコン上にダウンロードされるので、アイコンをダブルクリックしてインストーラーを起動します。

セットアップが始まるので[次へ]をクリックします。

[次へ]をクリックします。

MT4がインストールされます。

これでMT4のインストールが完了しました。[完了]をクリックします。

デスクトップにアイコンが作成されます。

MT4で取引口座にログイン

MT4を開くと[デモ口座の申請]が開くので取引サーバーを選択して[次へ]をクリックします。

※[デモ口座の申請]が開かない場合は[ファイル]→[デモ口座の申請]で同じ画面が開きます。

もし、取引サーバーが表示されていない場合は[新しいブローカを追加します。]をクリックして、取引サーバー名を入力して[スキャン]ボタンをクリックして表示させます。

[既存のアカウント]を選択して
「ログイン」に[取引口座番号]
「パスワード」に[パスワード]
を入力して[完了]をクリックします。

※取引サーバー、取引口座番号、パスワードの情報は「お取引口座開設承認完了のお知らせ」という件名のメールに記載されています。

あとは入金してチャートを表示させたらトレードを開始できます。

スリートレーダー(ThreeTrader)の特記事項

スリートレーダー(ThreeTrader)の口座開設での特記事項を述べておきます。

複数アカウントの保有は禁止

複数のメールアドレスを使って1人のトレーダーが複数のアカウントを持つことを禁止しています。スリートレーダーでは、1人のトレーダーが使用できるのは1つのメールアドレスで1アカウントまでになります。

複数口座を利用したい場合は、1つのアカウントの中で追加口座を申請することで、複数口座を保有することができます。

MT5には対応していない

この記事執筆時点では、MT5口座を作成することはできません。なので、スリートレーダーではMT5をインストールして使用することができません。

世の中の流れとしては、MT5を導入する方向に動いていますので、いずれMT5にも対応する日が訪れると思われますので、現時点ではMT5に対応するのを待つしかありません。

口座開設ボーナスはない

スリートレーダーでは、ぎりぎりまで取引コストを抑えてスプレッドを狭くするため、口座開設ボーナスのようなボーナスが通常はありません。他社ではよくある入金ボーナスなんかもないのが特徴です。

ボーナスはないですが、スリートレーダーの魅力はなんといってもスプレッドが狭いところです。スキャルピングにも向いていて他社とは違った魅力があります。

ボーナスは出金や資金移動をしたら消失してしまう場合もあり、資金の流動性を悪くする面もあって一長一短なので、むしろボーナスはないほうがよいというトレーダーもいます。

平日12時間対応のライブチャットサポート

スリートレーダーでは、平日の月曜日から金曜日まで12時間の日本人スタッフによる日本語サポートがあり、メールとライブチャットでサポートを受けることができます。

日本語サポートがないFX証券会社だと英語や現地の言葉で対応しなければなりませんが、英語や外国語が苦手という人でも日本語で利用できるので安心です。

口座開設できる人の条件

基本的なことですが、口座開設する人は口座開設する本人でなければなりません。国籍や年齢については次のとおりとなっています。

  • 日本に居住している18歳以上の人
  • 海外に居住している18歳以上の日本人

※ちなみに北朝鮮、アメリカ、イランの居住者は、スリートレーダーの口座開設・トレードはできません。

スリートレーダー(ThreeTrader)口座開設のQ&A

Q
スリートレーダーの口座開設にかかる所要時間はどのくらいですか?
A

口座開設フォームの入力に約3分程度、本人確認書類の提出に1分程度かかり、本人確認書類の審査が完了するまで最大1営業日を必要とします。

Q
本人確認の提出をしないでスリートレーダーの取引を開始できますか?
A

本人確認書類の審査を通過しないとスリートレーダーの取引を開始することはできません。

Q
スリートレーダーの口座開設時に必要な書類は何がありますか?
A

写真付き身分証明書と居住証明書の2種類になります。具体的な書類については、前述の「スリートレーダー(ThreeTrader)口座開設に必要な書類」の章を確認してください。

Q
スリートレーダーからの口座開設承認完了や本人確認審査完了のメールが届きません。
A

迷惑メールフォルダに入っていないかを確認し、ドメイン指定をしてメールがはじかれていないか?も確認しましょう。メールが見当たらない場合は、スリートレーダーの公式サイトからチャットでお問い合わせしてください。

Q
スリートレーダーで法人口座を開設することはできますか?
A

法人口座を開設することは可能です。個人口座を開設したあとに、担当のアカウントマネージャーにメールして問い合わせると法人口座の開設方法や必要書類の案内をもらえます。

Q
スリートレーダーでMT5を使用できますか?
A

スリートレーダーではこの記事執筆時点ではMT5に対応しておらず、使うことができません。しかし、今後MT5が使えるようになる可能性は十分にあります。

Q
スリートレーダーで未成年でも口座開設できますか?
A

未成年であっても写真付き身分証明書や居住証明書を提出きれば口座開設できる場合があります。注意点として学生証は写真付き身分証明書としては使えないので、ほかの写真付き身分証明書を用意する必要があります。

Q
スリートレーダーで口座開設ボーナスを受け取ることはできますか?
A

スリートレーダーでは基本的には口座開設ボーナスを受け取ることはできません。ただ、期間限定でキャンペーンを開催することがあり、期間によっては稀に口座開設ボーナスキャンペーンを行うことがあります。

そのほか、スリートレーダーでは、ポイント制度があってポイントを貯めて商品やクレジットと交換できるというサービスもあります。

Q
スリートレーダーでは口座開設に費用がかかったり口座維持手数料が発生したりしますか?
A

スリートレーダーでは口座開設は完全無料で行うことができます。また、口座を保有することで維持手数料が発生することもありません。

口座に有効期限もありませんので、取引せずに口座を保有していても凍結されたりはしません。

Q
スリートレーダーでは口座開設したら電話がかかってきたり郵便物が届いたりしますか?
A

スリートレーダーでは口座開設したら電話がかかってきたり郵便物が届いたりすることはありません。なにか告知があるときはメールでの案内となります。

Q
スリートレーダーは金融ライセンスを保有していますか?
A

バヌアツ金融サービス委員会のライセンス(番号:VFSC 40430)を保有しています。

Q
スリートレーダーでは1カウントいくつ口座を開設できますか?
A

ライブ口座は制限がありませんので、いくつでも口座を開設することができます。

Q
スリートレーダーでデモ口座を開設できますか?
A

デモ口座を開設することができます。1カウントにつき5個まで持つことができます。

Q
スリートレーダーでは口座に残高がなくなったら凍結されますか?
A

残高がなくなったからといって、口座が凍結されることはありません。

Q
スリートレーダーで禁止事項はありますか?
A

悪質な行為はペナルティの対象になります。同一アカウント内の口座間での両建てやスキャルピングは禁止行為には現時点ではなりません。

Q
スリートレーダーで追証は発生しますか?
A

スリートレーダーではゼロカットシステムを採用しているため追証は発生しません。

ただし、資金がマイナスになってからゼロカットされるまで、不正がないか審査が行われるため自動的にゼロカットが行われません。

ゼロカットが発動するまで少し時間がかかるので、その間にその口座に入金をしてしまうとゼロカットが正しく作動しないので、何もせずに待ちましょう。

ゼロカットシステムは単一口座にのみ(取引口座ごとに)発動するので、複数口座にまたがって追証が発生することはないので安心してください。

まとめ

ここまで、スリートレーダーの口座開設と本人確認について詳しく解説してきました。この記事を参考にしながら、スリートレーダーでFX取引を開始してみてください。

スリートレーダーの口座開設や口座維持手数料は無料で、ウェブサイトから短時間で簡単に申し込むことができます。

本人確認は、運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書と、住所を証明する居住証明書の2種類の書類をアップロードするだけで完了します。

スリートレーダーは、安全性や信頼性には問題なく、安心して取引ができるので、口座開設をして、金融市場での取引を始めてみましょう。

↓スプレッド最狭の海外FX証券会社↓

九頭見 匠 公式LINE


公式LINEを運営しています。

九頭見 匠 公式LINEでは

  • 重要なお知らせ
  • 投資信託の運用成績
  • 自動売買の運用成績(←現在配信停止中)

などをお届けしています。

友達追加はこちら
友だち追加

FX
九頭見 匠をフォローする
ネットビジネスの真実
テキストのコピーはできません。