九頭見匠 公式LINE

VPSを使ったEA自動売買に挑戦した報告①

FX自動売買

VPSを使ったEAの自動売買に初挑戦し、優秀なEAで資金を順調に増やしていました。資金が2倍以上になった段階で元本とEA購入費用を出金して、完全にノーリスクで自動売買を継続していく予定でした。

経済指標のFOMCの発表があるので、運営側からEAの停止を推奨されていたのですが、FOMCのあと値動きが落ち着いていたので、推奨されていた停止期間より半日早くEAを稼働させてしまったら、見事に一方的に伸びる値動きが発生してしまい、一夜にして強制ロスカットになってしまいました。

その過去記事はこちら

VPSを使ったEA自動売買に初挑戦した結果
過去記事で自動売買に再挑戦し、BigBoss MASSシステムを使ったサウザントレフトさんのEAを使って運用をした経緯を報告しました。その過去記事はこちらです。結局、私は2つのEA(仮にEA-XとEA-Yと呼びます)を購入...

今回の強制ロスカットは私自身のオペミスが原因で、EAに問題があったわけではありませんでしたが、『1度あったことは必ず2度目がくる』という私の投資の教訓から、厳しい判断ではありましたが、EAの使用を中止することにしました。

しかし、VPSを使ったEA自動売買をあきらめたわけではありません。MASSシステムで強制ロスカットが発生したときのお詫びに安くEAを販売していただいたEAを、新たなVPSで運用を開始しました!

この記事では、新たに購入したEAを運用した結果を報告していきます。

VPSを使ったEAの自動売買で運用した結果

今回もサウザントレフトさんから新たなEAを安く譲っていただきました。そのEAを仮にEA-Fと呼ぶことにします。このEA-Fですが、今まで購入してきたEAと比較すると、月利が低めに抑えられていて、強制ロスカットで資金が飛びにくい設計になっているようです。

今回利用するVPSは、前回まで使っていた「お名前.com デスクトップクラウド」ではなく、「ABLENET」と契約して利用することにしました。

ABLENET Windows VPSの登録手順 MT4で自動売買
このたび新しいEAを購入したのでVPSが必要になり、現在使っているVPSがメモリ不足だったので、管理しやすいように拡張すのではなく、新しくVPSを購入することにしました。MT4でEAを運用するのに適したVPSとして候補の中から、今...

で、早速契約して設置作業を行い、サポートに最終設定をお願いして、無事、運用を開始することができました。

EA-FはEUR/CHF1通貨ペアのみに特化して運用するEAで、EUR/CHFはマイナー通貨ペアなので、むしろマイナーな通貨ペアで資金が増えていくのは、個人的には歓迎でした。

実際に運用を始めて、EAのトレードを監視していたのですが、どうも利確や損切りが遅く、利益を取りこぼしたり、損を拡大させる傾向が見受けられました。試しに手動で利確をサクサクしてみたのですが、そのほうが収益が伸びる状態でした。

また、EA-Fは稼働させるとすぐに必ず買いか売りのポジションのどちらかを持つような仕様になっていました。なので、私も多少はテクニカル分析ができるようになり、テクニカル分析で考えてもあきらかに逆方向にポジションを持ったりするので、正直、EAの動きを見ているとひやひやしてしまうことも少なくありませんでした。

また、ポジションの持ち方もナンピンでポジションを持ちます。ただ、マーチンはしないので、逆方向に動いたからといって含み損が急激に膨れ上がるということはありません。

しかし、逆方向にナンピンで最大ポジション数を持った後、さらにその方向に値動きが進むと塩漬け状態になってしまいます。ある時点で、あきらかにこのままだと塩漬けになると判断できたので、元本割れしそうになる前に、一度手動で損切りを行いました。(その後、さらに逆方向へと値動きして価格は戻りませんでした)

EA-Fはいわゆるポジポジ病でナンピン塩漬けになるトレードスタイルで、監視してても精神衛生上よくありませんでした。それでも、手動で利確と損切りをすれば利益を出せるのでは?と挑戦しましたが、再び塩漬けになりそうになったので、プラスマイナスゼロになった瞬間にポジションを全決済して、EAの稼働を停止しました。

そもそもEAは自動で売買してくれるからこそ意味があるのであって、そこに裁量を加えなければならないのは本末転倒でしかありません。

結局、私のトレードスタイルに合わないので、EA-Fの運用は停止して一旦打ち切ることにしました。

今回のEAについて

結局、EAの運用を打ち切ることにしたのですが、EA-Fは果たして失敗作なのでしょうか?

答えはNOです。

ほかのサイトで同じEAを運用されている方の記事を見かけたたのですが、含み損を抱えることを前提にして運用をされていました。

EA-Fは推測すると恐らく次のような性質があると思われます。

  • 資金が多い状態での運用を想定している
  • 含み損を抱えることを前提に作られている

例えるとループイフダンみたいなトレードスタイルに近いのかもしれません。なので、EA-Fは、一定の含み損を抱えた状態で、値動きの戻りを待ちつつ、長期運用を前提として利益は抑えつつ確実に増やしていくトレードスタイルなのだと思われます。

ただ、一方で私はメンタルがチキンなので、含み損が膨らみ抱え続けるのは性に合わないのです。利確と損切りを的確に行い、含み損を抑えつつ、トレードするスタイルが合っています。

このため、私とEA-Fとの相性が合わなかっただけで、EA-F自体は長期で年間でトータルで見ると利益を出している優秀なEAであるということが言えると思います。

まとめ

今回は私とEAの相性が合わなかったので、自動売買の継続を断念しました。私のメンタルの部分でどうしても、EAのトレードを監視することに、精神的負担が大きすぎたという結果となりました。

EA自体は結果を着実に出している堅実なEAであることは間違いありませんので、また資金が準備できて私のトレードスキルが上がってきたら再開をする日もあるかもしれません。

VPSを使ったEA自動売買は、往生際が悪くこれで断念していません(笑)

EA13ProというEAを新たにVPS(ABLENET)で運用を開始しています。EA13Proは、実はこのたび数量限定で無料配布されていますので、こちらから受け取りができます。

EA13Proの受け取りはこちら

EA13Proの私が運用した結果については、EAの性質上、この『ネットビジネスの真実』内では報告致しません。EA13Proの私が運用した結果は、九頭見匠公式LINE内でのみ報告していきます。

九頭見 匠 公式LINE

友だち追加

さらに、また新たなEAを使って運用を開始しています。こちらのEAについては、また結果が出た区切りのよい時点で報告できたらと思います。

FX取引におけるリスクの説明と警告
FXはリスクのある取引になります。外国為替相場の変動などにより損失が生じる可能性があります。FXの取引をする前に投資の目的、許容できるリスク、過去のご経験など総合的な観点からご検討ください。
また、当ブログで提供している情報は必ずしも利益や効果を保証するものではありませんので、FXの仕組みやリスクを十分ご理解いただいた上、ご自身の責任と判断で取引いただきますようお願いします。

テキストのコピーはできません。