プロダクトローンチやオプトインアフィリの問題点

アフィリエイト アフィリエイト

ネットビジネスの商品の販売方法というと、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の販売方法のクロージング部分と言われるプロダクトローンチと呼ばれる商品を効果的に売る手法が主流になっています。正確に言うとこの手法が目立っていると言ったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロダクトローンチ・オプトインアフィリとは

プロダクトローンチとは、ランディングページ(オプトインページともいう)と呼ばれる縦に長い1ページのサイトから、無料動画やプレゼントなどを提供する代わりに、見込み客にメールアドレスを登録させて、ステップメールとセールスレターや動画で見込み客を数日間にわたり教育を行って、購買意欲を高めておいて、最終的にバックエンド商品と呼ばれる高額な有料商品を購入させる手法です。大量の見込み客(メールアドレス)を集めるために様々な広告を行いますが、独自のアフィリエイトセンターにアフィリエイターを登録させて、1件のメールアドレスの登録につき、300円から1,200円程度の報酬を支払って、アフィリエイトを行ってもらうことを、オプトインアフィリエイトと呼びます。

最初に目にするランディングページでは、完全無料などと書いてある場合が多いですが、最後には必ず高額のバックエンド商品(ネットビジネスの塾やスクールなど)を何事もなかったかのように販売します。バックエンド商品の価格は、通常、20万円から30万円くらいの商品がほとんどです。稀に10万円前後の商品があったりします。それらの比較的低額な商品をいくつか購入してみたことがあります。

バックエンド商品の実態

この中で、最終的にきちんと報酬が上がったり、収支がプラスになった商品は、1つもありませんでした。実際に報酬が上がったり、収支がプラスになった手法は、5千円以下の低価格の商品であったり、自分で独自に行なったり、調査した手法で、高額な商品は再現性が全くない結果となっています。確かに購入した商品の中には、自分のレベルが低くくて、稼げていないというものもあるでしょう。しかし、ランディングページには、誰でもできるというようなセールス文書であるのに、実際に購入して蓋を開けてみると、説明不足で難しかったり、時間がかかり過ぎたり、と結果的に全く稼げなかったのです。まだ、自分のレベルが低くて稼げないのであれば、ノウハウとしては詐欺ではありませんが、なかには、購入前に説明していたものと全く内容が違っていたり、効果がなかったりした詐欺的な商品もありました。

あるときから考えるようになったのですが、そのノウハウ(商品)を20万円から30万円の高額な金額で購入して、そのノウハウを使って稼ぐことによって、どのくらいの期間でその金額を回収して、黒字化できるか?ということが重要で、資金の回収の見込みが立たないものは、はっきり言ってしまえば詐欺的なゴミ商材です。支払った金額をそのノウハウで回収するということを考えたとき、冷静に計算してみると、うまく回収できたとしても1年から2年以上かかってしまうケースが意外とあったりします。最悪、全く稼げないものやむしろさらにお金を減らしたりするものも、少なくありません。購入前の送られてくるプロモーションの動画の説明を冷静に聞いて、どのくらいで支払うお金を回収できるかを計算してみると、支払った金額を回収するのが困難だったりします。

そして、ネットビジネス業界は、詐欺商品がやはり多いのは事実で、本物のノウハウがあったとしても、それに出会うまでに、相当な金額を払わなければいけないという結果になる可能性が高く、ノウハウコレクターと呼ばれてしまうのです。商品を販売している会社というのは、ブランディングしているとすごそうに見えることもありますが、実際には小さな零細企業なので、蓋を開けてみるとしょぼい商品が多かったりします。目指す目標が、数千万から億の収入を得たい人は、成功しているメンター(師匠)を見つけるために、失敗を繰り返しながら、このようなノウハウやセミナーへの投資が必要になります。しかし、副業程度の収入を稼ぐのであれば、プロダクトローンチのバックエンド商品のノウハウを購入するのは、リスクが高く、無駄にお金を使うだけになる可能性が高いのも事実です。

プロダクトローンチの実態

このプロダクトローンチという手法は、高額な広告費が必要となるので、購入者は、本来の商品の代金に上乗せして、オプトインアフィリをしているアフィリエイターに支払われる高額なお金を肩代わりしているようなものです。本来の商品の値段で購入できれば、もっと安く手に入れることができるはずで、もっとリーゾナブルなノウハウでも良いものはあります。情報商材というのは、作成するコストが低いのが特徴で、それを高額で販売すると莫大な収益が発生するわけで、販売者が得をする傾向があります。それでも、購入した手法できちんと稼げるようになればいいのでしょうが、ほとんどのノウハウは残念ながら説明通りの効果が起こることがありません。

情報を持っていない購入者、いわゆる情報弱者からお金を吸い取ることを目的にしているものも多くあり、購入者が結果を出そうが出すまいが、自分さえ儲けられればよいという販売者が本当に多いのが実情です。最悪なケースだと、バックエンド商品は全く再現性のないゴミ商材でありながら、プロダクトローンチの儲けだけを目的としている悪質なものも少なくありません。販売者は、自分が儲けることしか考えていません。購入者が結果を出して成功させるようなんて、これっぽっちも考えていないケースがほとんどです。

オプトインアフィリはやらないほうがよい

私もオプトインアフィリで、プロダクトローンチの手法を紹介して、アフィリ報酬を得ることをしようとしたことがあります。当時は、ネットビジネス業界で有名なアフィリエイトセンターは、しっかりしているので紹介しても大丈夫だろうと思っていました。しかし、最近はこの考え方が変わって、プロダクトローンチ系のプロモーションは、自分で実際にやってみて結果の出るものだけを紹介しなければ、商品を購入したけど稼げないという被害者(ノウハウコレクター)が増えるだけだなと痛感しています。私自身も、実際に商品を買って実践してみて、効果がない販売者の商品は2度と買おうとは思いませんし、それを紹介したアフィリエイターからも商品を買いたいとは思わないからです。

例外として、無料のプレゼント(オファー)でプレゼントが素晴らしいものは、信頼できるバックエンド商品があることが前提ですが、無料プレゼントだけで結果が出せたり、無料ツールとして優れているときは、紹介しています。大切なのは、紹介する人(購入者)にとって、結果を出すことができるか?役に立つことができるか?が鍵だと思っています。

どこに品質の高い商材があるのか?

ネットビジネスやオンライン投資で稼げるノウハウを手に入れたければ、最初は、5万円以下の売れ筋商材がおすすめです。売れ筋商品は、インフォトップインフォカートのランキングに掲載されている5万円以下の情報商材で自分に合うものを選んで試してみるとよいです。

そのほかの情報源としては、情報商材のレビューサイトも冷静に情報商材の分析をしているので、参考にしてみるとよいです。確かにレビューサイトの中にも、アフィリエイト報酬目当てで、なんでもかんでも紹介しているサイトもありますが、GoogleやYahoo!の検索で上位表示されるレビューサイトは、まともなものを上位に表示しようとするので、参考になります。だからといって、盲目的に信じてはいけませんが、複数のレビューサイトを比較しながら、それらの情報を参考にして、購入する情報商材を決めてもよいでしょう。

まとめ

今後は、プロダクトローンチではなく、自分で無料や適正な価格の本や資料で地道に調査をしたり、検証を行っていこうと思っています。価格が高いからと言って、良いものとは限らないですし、安くてクオリティの高いものは、意外と知らないところに隠れていたりします。そういうものを発掘しながら、コツコツと試していこうと考えています。

テキストのコピーはできません。