アフィリエイトの提携解除を一方的に受けた事例

アフィリエイト

アフィリエイトASPから突然、提携解除のメールがきました。突然のことで、かなりショックを受けて、かなり動揺しました。

実際に提携解除を受けたのは、2つのクレジットカードの案件です。2案件とも、提携解除を受けた時刻も2件ほぼ同時なので、同じ広告主による強制的な提携解除だと推測されました。

一方的な提携解除なので、精神的にかなり凹んでしまいました。しかし、凹んでいても、次につながらないと気持ちを落ち着かせました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

提携解除の理由は?

まずは、原因を調べることにして、ASPに突然の提携解除の理由を知りたい旨を質問しました。ASP側から回答をいただき、関係部署に理由を確認するので、しばらく待ってほしいとのことでした。ここで特に確認したかったのは、自分が意図せずに、いつの間にか規約を違反してしまい、広告主に迷惑をかけていないか?こちら側に非がないか?という点でした。

数日経過して・・・

回答が返ってきました。

お問い合わせいただいた件につきまして、担当部署へ確認を行いましたところ、2件とも「マーチャント(広告主)の運用方針変更のため」提携を解除させていただいたとのことでございます。

という回答内容でした。

ここで注目したのが、きちんと回答が返ってきたという点です。「○○のため、回答できません」という返答を受ける可能性もありえると思っていたので、きちんと回答いただけたことには、とても誠意のある対応だと思いました。もう1点は、広告主の運用方針の変更であって、こちら側に不手際があったわけではないという点です。こちらに非がないことがわかり、安心しました。

提携解除を受けてみて

ただ、運用方針の変更でどこが提携解除に触れてしまったかは、残念ながらわかりません。しかし、アフィリエイト案件を掲載したホームページは、ある程度、ページ数はあるものの、ボリュームとしては少なめで、デザインとしても簡素で、PV数もほとんどないため、広告主から見ても、魅力あるサイトとは言えないためかなと推測しました。このため、ブランドイメージに合わないと判断されたのかもしれません。このことから、ホームページを作るときは、テスト段階では簡素でもいいですが、本格的に運用を開始するときは、きちんと作りこむ必要があるなと思いました。

現在、ホームページをリニューアルしている最中だっただけに、残念ではありますが、提携解除を受けた案件は、今後、紹介は控えようと思いました。広告主としても提携解除したくらいなので、アフィリエイトをしてほしくないでしょうし、提携解除を受けてまで、無理にアフィリエイトするのは建設的ではないと思いました。

今回、初めて強制的な提携解除を受けて、かなり動揺してしまいましたが、このようなことが、今後も起こりうるという、良い勉強をさせていただいたなと感じています。このような事態が起きたとき、そこから何を学ぶかが、重要だと感じました。

そのほかの提携解除の事例

その後、提携解除を受けた案件がありました。この理由は、長期間、掲載実績が確認できなかったからというものです。これは、提携はしたけど、実際にアフィリエイトせずに、提携だけを結んだ形になっていたので、解除については理解できる内容でした。きちんとした広告主だと、アフィリエイトされず、放置状態の提携を整理することがあることがわかりました。

テキストのコピーはできません。