動画教材やセミナー動画などの映像動画の効率的な視聴方法

マインドセット

インターネットでビジネスや副業をする際には、なにかしらの教材やセミナーで、学習しながらインプットをして進めていきますよね。現在では、そのような教材やセミナーは、動画で配信されることが主流になっていて、ネットで動画を視聴する機会が増えてきています。これらの動画は、ユーチューブ(YouTube)を利用して、配信されていることが多いです。

動画教材やセミナー動画を視聴するのは、意外と時間がかかってしまいます。本来は、動画教材やセミナー動画で学習したノウハウを実践・作業する時間に多く費やさなければ、結果がでません。実践・作業時間を確保して、収入を発生させていきたいところです。動画教材やセミナー動画で大量のインプットをすることは大切ですが、効率よく時間を短縮させて視聴して、作業時間を確保したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

動画の効率的な視聴方法

ネット上で配信されている動画は、実は早送りして視聴することができます。何倍速かを指定することができて、好みの早さで動画を視聴することができるのです。視聴するのにおすすめの倍率は、1.2倍~1.5倍です。1.5倍を超えてくるとかなり集中して聞かないと、よく聞き取れず意味がわからなくなってしまいます。動画でしゃべっている人の話し方にもよって、ちょうどよいスピードは変わってきますので、最適な倍率を探してみてください。

ユーチューブの場合

ユーチューブ(YouTube)の早送りで再生する方法を解説します。ユーチューブで見たい動画を開きます。動画の画面の右下の設定ボタンをクリックします。

Youtube早送り1

[速度]の右の枠をクリックします。

Youtube早送り2

再生速度を選択することができますので、指定したい倍速をクリックします。再生速度は、1.25倍か1.5倍がストレスなく視聴できておすすめです。2倍速だと少し速すぎて聞き取りにくいです。

Youtube早送り3

動画を再生すると、指定した倍速で再生されます。

ホームページなどに埋め込まれた埋め込み動画で、右下の設定ボタンが表示されない場合は、動画の上でマウスを右クリックして、[動画の URL をコピー]をクリックして、URL をブラウザにコピペして、YouTubeのサイトで動画を開き直すことで、設定ボタンが表示されるようになります。

Youtube早送り4

ユーチューブ動画を早回しして、効率よく動画を視聴してしまいましょう。

Vimeoの場合

Vimeoの動画を早送りで再生する方法について解説します。Vimeoを早送りするには、Google Chromeの拡張機能を使います。Google Chromeの左上の[アプリ]をクリックします。

Vimeo早送り1

ブラウザ上に表示される[ウェブストア]をクリックします。

Vimeo早送り2

chrome ウェブストアの検索窓に「Vimeo repeat & speed」と入力して、[Enter]キーを押します。

Vimeo早送り3

「Vimeo repeat & speed」が表示されるので、[Chromeに追加]をクリックします。

Vimeo早送り4

[拡張機能を追加]をクリックして、拡張機能を追加します。これで準備は完了です。

Vimeo早送り5

Vimeoの動画の右上に[1x]という表示があるので、クリックします。

Vimeo早送り6

ここに何倍速にするかを入力して、[OK]をクリックします。たとえば、1.5倍速のときは、[1.5]と入力して[OK]をクリックします。

Vimeo早送り7

これで、Vimeoの動画を指定した倍速で早送りすることができます。

動画ファイルの場合

MPEG4やWMVなどの動画ファイルで提供された場合は、Windows Media Playerを使うと早送りできます。

Windows Media Playerで動画を再生したら、Windows Media Playerの画面上で右クリックします。プルダウンメニューが表示されるので、[拡張設定(E)]の[再生速度の設定(L)]をクリックします。

Windows Media Player早送り1

再生速度を変更できます。青色の部分の範囲内なら再生速度を速くしたり、遅くしたりできます。おすすめの設定速度は1.4倍速です。

Windows Media Player早送り2

再生速度を変更したら[×]で閉じて、指定した速度で動画を再生できます。

テキストのコピーはできません。