記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります。

バイナリーオプションのサインツールでボロ負けした結果

BO (バイナリーオプション)

過去の話になるのですが、バイナリーオプションのサインツールを購入したことがあります。このバイナリーオプションのシグナルツールはデモ版があり、先行で無料で試すことができました。

このソフトを実際に使用してみたところ収支がプラスになり、これはいけるのではないか!と思って、安くはない価格でしたが購入してみました。

シグナルツールの概要

このツールは、販売者のある投資会社に勤める友人から、バイナリーオプションの優秀なシステムが完成したという情報が入ったそうです。

本来は、機関投資家が使用することを目的としたシステムで、個人投資家が使えるシステムではないということだったのですが、販売者がこの友人に頼みこんで、関係機関に個人でも使えるように交渉を重ねた結果、許可が下りたのだそうです。

システムを使う許可は下りたのはいいですが、このシステムを使わせてもらえるバイナリーオプション業者を見つけるのも苦労したそうで、いろいろと探した結果、ようやく見つかって実用化に至ったという経緯があるシステムでした。

このサインツールは、バイナリーオプションで勝てそうな相場があると自動的に見つけてきてくれます。勝てそうな相場を見つけた時は、音が鳴って知らせてくれて、画面上にはサインを表示してくれます。

表示されたサインは、勝てる可能性の高さに応じて、3段階に色分けして表示され、その中で購入したいシグナルをクリックすれば、ツール上で金額を入力して購入することができました。

半自動のバイナリーオプションのトレードツールで、バイナリーオプションの知識がなくても、簡単にトレードすることができました。

このツールをパソコンにインストールをして、デモトレードをしたのですが、収支もプラスになり順調に収支がプラスになりました。

これは、すばらしいツールだなと思ったのですが、その後、実際にツールを購入して、本番の運用になると目を疑うような散々な光景が始まります。

サインツールでリアルトレードをした結果

実際のお金を入金して、ツールを使い始めたところ、勝率にして20%を切るという信じられない勝率で、軍資金として用意した5万円はあっという間に2日間で消し飛んでボロ負けしました。

ツールのシグナルとは逆の方向で購入したほうが、収支がプラスになったのではないかと思うくらいの散々な結果でした。

このツールは、ツールが指し示すシグナルとは逆方向に購入することができない仕組みになっていて、柔軟性に欠ける仕様だったので、シグナルを操作することはできませんでした。

5万円ほどボロ負けした後、販売者に結果の報告をしたところ、他の参加者から、今のところそのような報告はないとのことで、「無理はしないで休憩をしてください。」との返信をもらいました。

私のようなケースは、この時点ではレアケースのようでした。

しかし、しばらく日数が経過してから、このサインツール名で検索をかけてみると、大負けて資金が底をついたという報告がたくさんヒットしたんです。

やはり、このツールはデモ版では勝てていたけど、リアルトレード版では、ボロ負けした人が少なからずいたということになります。

シグナルツールの正体

サインツールの正体が気になると思うので、発表すると「グレートジャイアンバイナリー(GGB)」というサインツールになります。

このツールは詐欺だったのか?というと、販売者から無理をしないようにとの返信からも、販売者はこの事態を想定していないと思われます。

私が1番怪しいと疑っているのは、このサインツールを動かしているバイナリーオプション業者です。

なぜ、そう思ったのか?というと、私が、グレートジャイアンバイナリーでボロ負けした直後に、このバイナリーオプション業者から「トレードツールで大損されたようですね。そんなあなたにこんな提案があります。」みたいなご丁寧に画像入りのHTMLメールが届いたのです。

まるで、サインツールでボロ負けをすることがわかっていたかのようなメールに、正直、ムカッとしたことを覚えています。

ただ、このメールをもらったときに、もしかして、このバイナリーオプション業者によるツールの操作があったのではないか?と疑いました。

確かに憶測の域を出ないのですが、かなり怪しいと今でも思っています。

バイナリーオプションのブローカーの正体

このバイナリーオプション業者はどこなのか?というと、「シダーファイナンス(Cedar Finance)」というブローカーです。

「Cedar Finance」で検索しようとすると予測変換で「scam」という文字がでてきます。

これは、日本語に訳すと「詐欺」という意味です。つまり「Cedar Finance 詐欺」で検索している人が多いということです。

実は、シダーファイナンスは、現在は、サイトを閉鎖していて存在しません。長続きしていないというのも、私が怪しいと思う理由の1つです。

もうシダーファイナンスが存在していないこともあり、この件は時効だなと思ったので、みなさんが同じ失敗をしないように記事にしてみました。

バイナリーオプションのサインツールは勝率が悪い

バイナリーオプションにおけるサインツールは、正直、本物である、つまり、勝率がよくて勝てるものというのは、これまでの経験上、ほぼ存在しないと思ったほうがよいです。

今回の件に懲りずに、再びサインツールを購入したことがあるのですが、完全な詐欺ツールで、全く稼げずにむしろマイナスでした。

結局、消費者センターに相談して、全額ではなかったものの、なんとか返金させたこともあります。

バイナリーオプションでは、サインツールに頼るよりは、裁量でトレードスキルを磨いたほうが、お金を稼ぐスキルが身につき一生もののスキルになります。

きちんとしたトレード手法を学んだほうが稼げるようになります。

稼ぐ情報を探しているとバイナリーオプションの自動売買やサインツールに出会うこともありますが、99%は稼げないと思ったほうがよいです。

そんなリスクの高いものを買うよりは、ほかの稼げる方法に取り組むほうが賢い選択です。

さいごに

もう遠い昔の痛い失敗談ですが、このことから学んだ教訓は次のとおりです。

1つは、バイナリーオプションでは、自動ツールやサインツールを使用せず、インジケーターを使った根拠に基づいた手動の裁量取引をすべきということです。

もう1つは、バイナリーオプション業者は、不正をしない信頼できるバイナリーオプション業者を選択することが本当に大切だなと実感しました。

何事も地道な歩みが大切だなと痛感しています。

このような痛い目にあって、バイナリーオプションから離れていたのですが、デモトレードを活用することで練習しつつ、改めて手法を試行錯誤しながら、堅実に収支をプラスにするべく検証トレードを行っています。

テキストのコピーはできません。