BigBoss MASSシステムの強制ロスカットの件

FX

過去記事で自動売買に再挑戦し、BigBoss MASSシステムを使ったサウザントレフトさんのEAを使って運用をした経緯を報告しました。その過去記事はこちらです。

BigBoss MASS システムでEAを運用した結果
私の過去記事を見てもらえればわかりますが、過去に私はシステムトレードを含めた自動売買でコテンパンにやられています。このため、完全に裁量トレードにシフトしていたのですが、どうしても自分の作業時間(トレード時間)は本業の労働時間や雑用を除いた...

結局、私は2つのEA(仮にEA-XとEA-Yと呼びます)を購入して運用し、EA-Xでは資金を半減させて撤退し、EA-Yでは、資金を2倍以上に増やし損失額をリカバリーした上で利益を出しましたが、EA-Yの弱点に気づき稼働を停止し撤退、BigBoss MASSシステムから資金を引きしました。

結局、最終的にはEAの購入費用分ほどマイナスで終わり、今度はサウザントレフトさんのVPSを使ったEAに切り替えて自動売買を継続しています。

BigBoss MASSシステムからは撤退したわけですが、もちろんそのまま運用を継続された方々もいたわけで、その後、BigBoss MASSシステムのEAがどうなったか?を報告します。

BigBoss MASSシステムの正体

私が今回自動売買したBigBoss MASSシステムを提供していただいた方は、望月こうせいさんになります。私のネットビジネスヒストリーの記事にも書いていますが、望月こうせいさんの塾に入塾したのがきっかけで、望月さんからのオファーに参加することもあり、BigBoss MASSシステムにも参加させていただきました。

ヒストリーの記事でも書きましたが、入塾しても私の力不足で全く稼げませんでしたが、望月さんの厳しい言葉で、ネットビジネスに対する取り組み方が変わり、ネットビジネスに真剣に取り組むきっかけを与えていただいた方です。その後、少しずつ結果に結びついて、徐々に収益が発生していて、きっかけを与えていただいた望月さんには感謝しています。

サウザントレフトさんのEAも望月さんのご紹介で購入させていただき、MASSシステムを利用して自動売買に挑戦するに至ったわけです。

BigBoss MASSシステムから撤退したその後

私はEAが大きな含み損を2回抱えた時点で、いつか大きなトレンドが発生し、戻らない相場に直面したときに強制ロスカットになる可能性があると判断し撤退しました。その後に、ロシアによるウクライナ侵攻が勃発し、ドル円が10円以上も暴落する大きなトレンドが発生しました。

そのときにBigBoss MASSシステムで運用していたEAが運悪くドル円でポジションを持ってしまったので、私が危惧していたことが、こんなにも早く現実になるとは思いませんでしたが、強制ロスカットで資金が吹き飛んでしまった方が続出した模様です。

もちろんサウザントレフトさんのEAだけではなく、他社のEAでも強制ロスカットになっている事例も多く見受けられたようで、相場が10円以上も一気に動くことを想定して作られているEAというのは、少ないのかもしれません。

強制ロスカットが発生した後の、報告会では資金を飛ばしてしまった方々から厳しい言葉が噴出していました。私も過去に自動売買で資金の90万円を1日にして、吹き飛ばしたことがあるので、怒りたくなる気持ちは痛いほどわかります。

強制ロスカットについて

今回の強制ロスカットについて、運用者の大切な資金を吹き飛ばした望月こうせいさんとサウザントレフトさんの責任は免れませんし、決して許されることではありません。望月さんは、投資は自己責任と言っていましたが、責任逃れでそれは通用しません。

望月さんは強制ロスカット前では次のような発言がありました。
「投資は結果がすべてだ」
「初心者が多いので自動売買のオンオフをしなくても運用できるようにするべき」
「ニュースを信じてはいけない。変動が大きいときこそチャンスだ」

しかし、強制ロスカット後には言動が変化します。
「自動売買のオンオフは自分でできるんだから自分でロスカットすればいいじゃないか」
「10円以上も円安になるなんて想定外だった」
「そもそも10円以上もの価格変動を想定してEAは作られていない」

このため、望月さんの言葉を素直に信じていた人たちは、発言が変わり裏切られたと感じた人もいたのではないでしょうか。

あと、望月さんは「自分も大きな損を出した」という言い訳をされていましたが、これも私の過去記事でも述べていますが、たとえ各個人の口座でお金を保有したとはいえ、人の大事なお金を失わせた言い訳にはなりません。

※強制ロスカットになると人間は同じような言い訳をしてしまうのかもしれませんが・・・

望月さんやサウザントレフトさんは私たちの大切なお金を運用している以上、そのお金を失わせたことは、決して許されることではなく、お金を失った人たちが怒るのは当然で、そのことは肝に命じなければなりません。

しかし、それでも投資は自己責任なんです。投資は、初心者であろうと平等なんです。初心者だからといって相場は手加減してくれることはないんです。それだけ厳しい世界なんです。

だから、この結果を受け止めなければなりません。返金や補償を求めたり、集団訴訟を起してはいけないと私は考えます。「それはあなたが損をしなかったから言えるんだ!」と思うかもしれません。確かにその通りですが、過去に私も自動売買で大損をしたとき、顔面蒼白になりながら、大金を失った事実を受け入れました。

望月さんやサウザントレフトさんの責任は免れませんが、強制ロスカット後の対応は誠意ある対応をされています。大きな損失を出したにも関わらず、報告会を開き、クレーム覚悟できちんと説明を行っています。

さらに、望月さんは謝罪動画で、きちんと運用者に謝罪されています。もちろん、謝って許されることではありませんが、後々訴訟される可能性を恐れて、きちんと謝罪すらしないケースも少なくありません。そして、リカバリーとして有料ではありましたが、代替の案件を提示されています。

過去に強制ロスカットになったときの話

私も過去記事に書いていますが、過去に自動売買で90万円を1日にして吹き飛ばして、失ったことがあります。

元本を回復した不労所得であるコピートレードの最終的な結末
コピートレードを、1つ(2つのストラテジーで)運用していました。コピートレードの過去記事簡単に今までの経緯を説明すると、あるシステムトレードを利用したコピートレードのサービスに申し込み、資金が次第に増えていっていましたが、運...

そのとき、主催者に状況の説明を求めましたが、主催者は運用者に通告なしに事業を見知らぬ業者に事業譲渡していて、いつの間にか私たちを置いてトンズラこいて逃げていて、事業譲渡した業者に聞いてくれと言われました。

そして、譲渡先の業者に説明を求めたところ「ボラティリティが高まったためロスカットが発生しました」と他人事のように起きた出来事を短く説明して終わりです。そこには、謝罪の言葉すらありませんでした。

正直、私は裏切られたような気持ちにはなりましたが、それでもその事実を受け入れ、もう自動売買からは撤退して足を洗い、裁量トレードをしていくことにしたのです。それから数年して、MASSシステムに興味を持ち、また懲りずに自動売買を再開していますけどね。

だから、今回の望月さんやサウザントレフトさんの対応は、許されないとしても誠意ある対応なんです。普通は、謝罪もなく事実だけ述べて、投資は自己責任だからということで終了です。

だから、批判もあるとは思いますが、今回の望月こうせいさんやサウザントレフトさんは適切な対応だったと思います。それよりも、大切なことは失敗から何を学ぶのか!ということです。

望月さんも今回の失敗で投資をあきらめないでほしいとおっしゃっていましたが、本当にそれは同感でこれを機にしっかり投資の勉強をするきっかけにしてほしいです。

一方で投資をやめるというのも1つの選択肢ではあると思います。人にはそれぞれ向き不向きというのがあるので、やめるという決断も間違いではないと思います。

なぜ強制ロスカットを回避できたのか

今回、私はウクライナ侵攻に端を発した円の大暴落による強制ロスカットをこの記事を執筆している時点では回避できています。なぜ、強制ロスカットになる前に、BigBoss MASSシステムから撤退できたのか?を述べていきます。

冒頭で簡単には書いていますが、強制ロスカットが起こる前にEA-Yが2度大きな含み損を抱えるトレードを行いました。特に2回目は、通常の設定で運用すると含み損が資金の90%程度まで達して、結果的には価格が戻り利確しましたが、もし、価格が戻らなければ強制ロスカットの危険性があると判断しました。

もちろん、上昇または下降に1方向に大きく変動した後は、大きく相場は反発する特徴を持っているので、たいていは価格が戻って利確できることが多いです。しかし、これは100%戻るわけではないのです。それがわかっていたので、いつか戻らない相場がきたときに、強制ロスカットになるリスクがあると判断できました。

特にEA-Yはナンピン手法を採用していたので、ナンピンは含み損を抱えやすい性質を持っています。(過去記事ではナンピン手法は危険なので今後使わないと宣言していたのに使っちゃってますが・・・)このため、いつか戻らない相場がきたら強制ロスカットになると分析し、EA-Yを停止し、資金を引いて、一旦BigBoss MASSシステムから撤退する決断をしたわけです。

このとき、望月さんは「含み損を抱えた状態は負けではない」とおっしゃっていましたが、私はそれを鵜呑みにせず、自分の分析に基づいて全力でリスク回避の行動をとりました。損失を出した方は、この発言を受け入れて、そのまま運用を続けた結果、強制ロスカットになったわけです。

もちろん、私が強制ロスカットを回避できたのは、たまたまで運がよかったとも言えます。もし、2回の大きな含み損を抱えたときに、強制ロスカットになっていれば、私も資金を失っていました。しかし、強制ロスカットを回避できた大きな違いは、相場から発せられた危険信号のサインをしっかり受け止め、リスク回避の行動を躊躇せずにとったかどうかということです。

前述した望月さんの「ニュースを信じてはいけない。変動が大きいときこそチャンスだ」という発言も半分受け入れて、半分は受け入れませんでした。大きな変動でナンピン手法は含み損を抱えやすいことがわかっていたからです。

ここで注意してほしいのは、望月さんの発言が正しいとか間違っているとかそういうことが問題ではないんです。あなたがこれらの発言を正しく受け取れる知識があるかどうかが重要なのです。つまり、相場を正しく判断できる知識を身につけておく必要があるということです。

もう1つの回避できた要因としては、EAはお金を払って購入しています。そのEAを危険を感じたら躊躇なく捨てているという点です。せっかくお金を出して購入したEAなので、どうしてもEAを捨ててしまうのはもったいないと考えてしまいます。それでも、危険を感じたら使用を停止すべきです。

正確に言うと、EAを捨てるわけではなく、利用を一旦停止するだけなので、また使うこともできますが、それでも高いお金を出して購入したのだから、もったいないと考えてしまいがちです。それでも、リスクを回避することを躊躇してはいけないということを改めて認識しました。

強制ロスカットから学んだこと

今回のウクライナ情勢に端を発した強制ロスカットから、私自身も多くを学び教訓をえました。

今回学んだ教訓は

  • システムトレードによる自動売買は簡単ではない
  • 自動売買だからといって相場の知識は必要である
  • システムトレードは資金が飛ぶ前提で運用すべし
  • 自動売買は真剣に取り組み監視と分析を怠るな
  • FXは勝つことより大きく負けないことが重要
  • 複数通貨ペアでのシステムトレードは逆にリスクを高める

今回学んだ教訓は、次の記事に詳しく書きました。

FX自動売買の注意点!FX自動売買の罠!
FXの自動売買は、プログラムをオンにするだけで、プログラムが自動で売買を行ってくれるので、投資や相場の知識がない初心者でも不労所得が得られる夢のようなトレード手法という広告をよく見かけます。私も過去記事で、プログラムを使ったシステ...

さいごに

望月さんとサウザントレフトさんに厳しい指摘を述べた部分もありますが、私は望月さんやサウザントレフトさんには感謝しています。確かに「お前は損してないからだろ!」と言われれば、まだトータルではEAの購入費用を含めるとプラスになってはいないものの、資金が飛んではいないので、その通りです。

しかし、サウザントレフトさんのすべてのEAが損失を出したわけでもないですし、報告会やサポートを逃げずにきちんとされています。望月さんも、逃げずに誠意ある対応をされていると私は思います。投資やビジネスは簡単ではないので、失敗することだってありますし、間違いだってあります。

今回のウクライナ侵攻に端を発した大きな価格変動では、サウザントレフトさんのEAのみならず、多くの投資家が損失を出しているほどの大変動なので、今回の結果は仕方ない面もあります。人を責めることは簡単ですが、できることなら望月さんやサウザントレフトさんを許してあげてください。

あと、今回の大きな価格変動は、20年に1度の大変動と言われていますが、このような価格変動による強制ロスカットの多発は、実際には1~2年に1回くらいで起きています。そのたびに数十年に1度と報道され、投資家が損をしたという話題が持ち上がります。なので、意外と頻発するので、リスクに対する意識・管理は絶対に必要不可欠です。

大切なのは、自分の大切な資金は人任せにせず、しっかり投資の勉強をして知識を身につけ、自分主体で守って増やしていくという意識です。投資に真剣に取り組む姿勢が重要です。

テキストのコピーはできません。