FXシステムトレード(シストレ)とは?メリットとデメリットを考察

オンライントレード FX

FXは、自分でチャートを見ながら、エントリーポイントでエントリーして、利益確定ポイントや損切りポイントで決済する手動でのトレードするのが基本です。これを裁量トレードと言います。

一方で、FXのトレードを自分では行わずに、プログラムどおりにコンピュータが自動で売買を行ってくれるトレード方法もあります。これをシステムトレード(シストレ)と言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

システムトレードのメリット

自動売買プログラムが、トレードを自動で行ってくれるため、自分は設定と監視だけをすればよいという不労所得に近い仕組みを構築することができます。証券会社のシストレ口座を使うと、監視も行ってくれるところもあり、定期的にチェックする必要はありますが、設定だけしておけば大丈夫なところもあります。裁量トレードでは人間の感情のコントロールが必要で、欲や恐怖心と戦わなければいけませんが、システムトレードでは、プログラムが淡々と正確にトレードを実行してくれるので、メンタル面を心配する必要がありません。プログラムは寝る必要もなく、24時間トレードしてくれるので、エントリーポイントを見逃すこともありません。

システムトレードのデメリット

自動売買プログラムは、そのプログラムどおりにしかトレードができません。このため、急激な値動きの変化(ボラティリティが高い)や想定外の値動きには対応できません。急激な大きな値動きで、大きく相場が動いたとき、裁量トレードであれば、危険な相場と判断して、自分でエントリーをひかえることができますが、システムトレードではプログラムに書かれたとおりにエントリーをするので、エントリーを繰り返し大損失につながる恐れがあります。大きな事件や出来事があったときは、事前にまたは即座に自動売買を手動で停止しなければなりません。証券会社の口座では、監視してくれていて、自主的に止めてくれるところもあります。

MT4でもシステムトレードはできるのか?

チャートソフトMT4でも自動売買をすることが可能です。MT4では、自動売買プログラムのことをEA(エキスパート・アドバイザー)と呼び、EAはMT4でプログラムを組みことにより自作することができます。また、EAはネット上にも公開されており無料でダウンロードできるものもあります。また、有料で販売しているEAもあります。有料だからといってそれが優秀なEAかといえば、必ずそうではありません。

EAにはさまざまな種類があり、どのEAを使っても必ずトレードで利益が出せるわけではありません。そのときの相場との相性もあり、プログラムには得意な相場と不得意な相場があります。そのため、優秀なEAを選択する必要があるのはもちろんですが、それぞれのEAの弱点を補うために、複数のEAを組み合わて運用したりと実際には工夫が必要です。複数のEAで運用することをポートフォリオを組むと言います。

MT4では、デモ口座を開設できるので、EAの試験運用をすることができるのが良い点です。また、EAを過去のチャートでテストをすることができます。これをバックテストと呼びます。デモトレードとバックテストでしっかり収益がプラスになることを確認してからリアルトレードをするとよいです。バックテストのデータは、プログラムのパラメータの最適化をできるので、設定数値が最適化されて良い結果を出ていても、実際に運用すると全く結果が伴わない場合があるので、注意が必要です。

MT4上でEAを稼働させるためには、24時間ずっとPCを起動させたままにしなければなりません。自宅のパソコンを立ち上げたままにしておくのは電気代もかかりますし、万が一、停電が起こった際は止まってしまいます。このデメリットの解決策として、VPS(バーチャルプライベートサーバー)を利用するという方法があります。

VPSはインターネット上に仮想のデスクトップを構築したもので、VPS上でEAを稼働させておけば、自分のパソコンをずっと立ち上げておく必要がなくなります。VPSは、停電対策もなされているので電源が落ちにくい環境で運用されています。ただし、VPSを利用するのは有料で、月額利用料が必要となります。

例えば、こんなVPSがあります。
お名前.com デスクトップクラウド
お名前.com VPS

PCを24時間起動していてもかまわない人や、月額利用料を払ってVPSを借りられる人は、設定と監視のみで運用できて、手間がかからないので半不労所得になるので、デメリットを受け入れた上で挑戦してみてください。

証券会社の専用シストレ口座も使える

システムトレードは、MT4のEAを使った自動売買以外にもFX証券会社専用のシストレ口座を使うという方法もあります。これは、予め用意されている複数の自動売買プログラムを選ぶだけでシステムトレードが簡単にできてしまいます。ただし、MT4のようにデモトレードやバックテストはできませんので、最初から実資金でのトレードになります。そのかわりに、各自動売買プログラムの詳細な過去データが見られますので、それをもとに選択することができます。MT4のようにVPSを借りなくても、FX証券会社のサーバー上で動くのでPCをずっと稼働させておく必要がありません。

FX証券会社専用のシストレ口座には

エコトレFX
シストレ24

などがあります。

エコトレFXは、実際に口座を開設して運用をしてみました。その結果がこちらの記事になります。

シストレ24にも、今後、挑戦してみたいという気持ちはありますが、エコトレFXをやってみてわかったことは、証拠金(トレード資金)をしっかり十分に用意しておく必要があるということです。FX証券会社のシストレをする場合、ポートフォリオを組む必要があり、1つの自動売買プログラムで運用するのではなく、複数の自動売買プログラムを組み合わせて、お互いの弱点をカバーさせながらトータルで運用する必要があります。どうしても、自動売買プログラムには、得意な相場と不得意な相場が存在してしまうので、お互いを補完する必要があるのです。

このため、2つか3つの自動売買プログラムを同時に走らせるので、複数の自動売買プログラム分の証拠金が必要になると、それなりの資金を用意しておく必要があるわけです。

シストレ24は、エコトレFXに比べると、自動売買プログラム数(ストラテジーの数)が圧倒的に多いので、選択肢が多く、トレードの幅が広がるので、余剰資金を用意できたら、いつか挑戦してみたいと思っています。

テキストのコピーはできません。