グーグルアドセンスの申し込み方法と審査と注意点

クリック報酬型広告

インターネットで極めて少額ではありますが、収入が発生し始めました。とても小さな金額ですが、インターネットで収入が得られたという経験は、モチベーションアップになりました。

何から収入が発生したか?というとグーグルアドセンスからの収入です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグルアドセンスとは?

グーグルアドセンスとは、クリック報酬(保証)型の広告のことで、無料で利用できます。自分のホームページへの訪問者が、設置したアドセンスの広告をクリックした時点で、報酬が発生します。自分のホームページの内容に合った広告や訪問者の興味のある内容の広告が自動的に選択されて表示されます。

このため、アドセンスで報酬を上げるためには、サイトへのアクセス数を増やすことが重要になります。広告のクリックのみで報酬が発生するので、アフィリエイトのように成約するようにユーザーを誘導する必要がなく、サイトのアクセス数を上げることのみに専念すればよいです。配信される広告は、サイトの内容に合うものを自動的に選択してくれるため、規約に違反しない内容であれば、記事のジャンルに縛られないので、広いジャンルを取り扱うことができます。このことから、難易度が低めで成果を上げやすいのが特徴です。

グーグルアドセンスの審査

グーグルアドセンスの広告をホームページに初めて掲載するときは、まず審査を受けて、審査を通過しなければいけません。私がグーグルアドセンスの審査を受けたときは、審査も簡単で、そこまで苦労しなくても審査に通過していました。しかし、時が経過するとともに審査が厳しくなっています。

グーグルアドセンスを申し込む前に、広告を掲載するホームページを準備する必要があります。以前は、無料ブログでも余裕で審査を通過していたのですが、審査が厳しくなり無料ブログでは不合格になってしまいます。唯一、グーグルの無料ブログサービス「blogger」だけはグーグルアドセンスの審査に使うことができます。

グーグルの無料ブログサービス blogger

ただし、blogger以外のサイトやブログでグーグルアドセンスの広告を掲載をするときは、再申請を行わなければなりません。なので、グーグルアドセンスを始めるのであれば、独自ドメインを取得してレンタルサーバでの運用をおすすめします。格安のドメインとレンタルサーバについては、こちらの記事で紹介しています。

ドメインを取得して、レンタルサーバを借りて、Wordpressをインストールしてブログを立ち上げましょう。このブログを使って、審査にのぞみます。準備するホームページは、コンテンツがあって、ボリュームがないと審査に通過しません。

私がグーグルアドセンスの審査に申し込んだときは、10記事以上で1記事600文字以上が、目安とされていました。ブログの記事内容も簡単な日記を書いておけば大丈夫でした。私の場合は、実際にアドセンスの広告を掲載する無料ブログを審査してもらい、無事審査を通過しました。しかし、審査が厳しくなって、この条件が変わってきています。

  • ブログの記事数が30記事以上であること
  • 1記事の文字数が1500文字以上あること
  • 審査中は1日1記事投稿すること
  • 記事の内容がオリジナルであること

昔と比べるとかなり条件が厳しくなっています。審査用のブログを簡単に作っていた時代がなつかしいです。審査用のブログを作るというよりは、グーグルアドセンスの審査に合格したあとも、実際に運用していくWordpressブログを作ってしまって、そのブログを審査に使うのがおすすめです。また、記事のテーマは1つに絞ったほうが審査に合格しやすいと言われています。審査では、まじめにサイトを運営していく姿勢や閲覧者や広告主のためになるコンテンツの提供をしているかを確認しているのです。

審査に合格する条件は絶対的なものではありません。10記事でも文字数が多く、しっかりとしたコンテンツを提供できていれば、合格している事例もあります。あくまでも閲覧者にとって価値ある情報を提供するという姿勢が大事なのです。

記事を書く上での注意点

記事を書く上で注意しなければならないのが、規約やポリシーに違反しないように書かなければなりません。

注意すべきプログラムポリシー

  • 自分で自分のアドセンス広告をクリックしない
  • アドセンス広告にクリック誘導をしない
  • アドセンス広告と区別できないデザインや配置にしない
  • アドセンス広告の近くにほかの類似した広告を置かない
  • 禁止されているコンテンツを書かない
  • 広告コードを変更しない
  • プライバシーポリシーを記載する

主な禁止コンテンツ

  • アダルトコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 犯罪や不正行為に関するコンテンツ
  • 違法薬物や麻薬に関するコンテンツ
  • ギャンブルコンテンツ
  • 処方箋が必要な薬の販売
  • ビールやアルコール系
  • タバコや喫煙系
  • ハッキングやクラッキング
  • 武器や火薬を使うものの販売
  • 著作権を侵害しているコンテンツ

グーグルアドセンスの規約に違反すると、アカウントが警告を受けたり、場合によっては、アカウントを停止される可能性があります。グーグルアドセンスの規約に違反しないよう気をつけましょう。

グーグルアドセンスではやっていけない行為がいくつかあります。たとえば、不正クリック、不正表示、クリック誘導です。自分で広告をクリックしたり、アドセンス広告にクリックを誘導することはやめましょう。クリックを誘導するような表示や文を掲載することも、違反になります。

個人、集団、組織を誹謗中傷することも禁止です。著作権に抵触する内容も禁止です。露出の多い水着などの画像の使用も、アダルトコンテンツとみなされる可能性があり、好ましくないようです。

ブログの機能の1つであるタグやタグクラウドの使用はやめましょう。タグを利用していると、ブログによってはバックグラウンドでタグだけのページが作成されてしまいます。これがコンテンツ不足で規約違反となります。私自身も、タグの使用で1度警告を受けて、広告表示が停止したことがあります。

アドセンス広告は、1ページに最大で3つまで掲載することが可能です。(正確には、標準広告ユニット3つ、リンクユニット3つ、検索ボックス2つまでになります)広告を掲載できる数ですが、上限が撤廃されました。このため、ブログにいくつでも広告掲載が可能になりました。だからといって、闇雲に数を増やせばいいわけではなく、コンテンツの量に見合った適正な広告数にしなければなりません。あくまでも、閲覧者や広告主のためになる広告の配置を心がける必要があります。

審査用のブログが準備できたら、実際にグーグルアドセンスに申し込みます。

グーグルアドセンスに申し込んだ手順

私が実際にグーグルアドセンスに申し込みを行った手順を掲載しておきます。当時は1次審査と2次審査の2段階に分かれていました。今の審査では、1回で済んでしまうようです。過去の申請方法に興味がなければ、読み飛ばしてください。基本的には、グーグルアドセンスのサイトに行って、ガイダンスのとおり進めていけば問題ありません。

グーグルアドセンスを始めるには、グーグルアドセンスのサイトに移動します。

グーグルアドセンス

グーグルのアカウントをすでに持っていれば、ログインします。
(グーグルのアカウントを持っていなければ、[アカウントを作成]をクリックして、グーグルアカウントを作成します)

グーグルアドセンス申し込み1

[はい(Googleアカウントでログインする)]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み2

Gmailアドレスとパスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み3

[広告掲載先のURL]に審査用に作成したホームページのURLを入力します。
[コンテンツの言語]を日本語に設定します。
プログラムポリシーの遵守の同意にチェックをいれて、[次へ]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み4

申し込みに必要な情報を入力して、[お申し込みを送信]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み5

申し込みが完了して、1次審査が始まります。結果がでるまで1週間程度かかります。

グーグルアドセンス申し込み6

無事に1次審査に通過すると、以下のようなメールが送られてきます。
メール文中のリンクをクリックします。

グーグルアドセンス申し込み7

利用開始までの流れを確認したら[管理画面にログインする]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み8

メールアドレスとパスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み9

利用規約が表示されるので、確認後、「はい、私は上記の利用規約を確認し、その内容に同意します。」を選択して、[AdSenseアカウントに移動]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み10

「Google Adsenseへようこそ」を閉じて、[広告の設定]タブをクリックします。

グーグルアドセンス申し込み11

[+新しい広告ユニット]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み12

広告ユニットの作成に必要な情報を入力、選択して、[保存してコードを取得]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み13

取得したコードをコピペして審査用のホームページに広告を掲載します。広告を掲載したスペースは空白の状態になります。これで2次審査が始まります。数日後、2次審査に合格したら、広告が掲載されるようになります。

さいごに

アドセンス広告は、アフィリエイト広告との併用も可能です。ただし、アフィリエイト広告と区別する必要があり、アドセンスと混同するような配置にならないように注意しましょう。注意点としては、アフィリエイト広告と併用することで、クリックが分散してしまい、逆に収入が減少してしまい、逆効果になることがあります。

グーグルアドセンスは、難易度が低く、初心者でも収入を獲得しやすいので、挑戦してみるとよいでしょう。大きく収入を伸ばすには、アクセス数の獲得が必要なので、大きな金額を稼ごうとするならば、それなりのスキルと作業量が必要になってきます。それでも、他のネットビジネスよりは簡単で、稼ぎやすいのは確かです。

テキストのコピーはできません。