MT4インジケーターVQのコンパイルエラーの修正&パラメーター設定値

FX

MT4のインジケーターにVQというインジケーターがあることを本で知りました。

VQは矢印で相場の上昇や下降を視覚的にとらえることができて、売買の方向性を示してくれます。VQのみでは、だましにあって勝てませんので、ほかのインジケーターと組み合わせて使うのがよいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VQのソースファイルをコンパイルしてみた

MT4のインジケーターVQのソースファイルをメタエディターでコンパイルすると、次のようなコンパイルエラーが発生しました。

VQコンパイルエラー

エラーの発生箇所は143行目の次の文でした。

for(i=0, int y=0;i<limit;i++) {if (Time[i]<TimeArray1[y]) y++; SumVQ[i]=SumVQ_MTF[y];}

上記の文を、以下のように修正して、コンパイルエラーを解消しました。

int y;
for(i=0, y=0;i<limit;i++) {if (Time[i]<TimeArray1[y]) y++; SumVQ[i]=SumVQ_MTF[y];}

今回のエラーは、MT4 Build600以上のバージョンアップによって起こるようです。以上、MT4インジケーターのVQコンパイルエラーの修正の備忘録です。

VQのおすすめパラメーター設定

VQには、パラメーターを設定する項目があり、この設定値によって表示される値や動きが変わってきます。VQのパラメーターは4つあり、[Length][Method][Smoothing][Filter]になります。

VQパラメーター

それぞれのパラメーターの意味は、

Length ⇒ 移動平均の期間 
Method ⇒ 移動平均の方法
Smoothing ⇒ 利用する終値の位置
Filter ⇒ 許容設定

になります。

この設定値が最適という数値はありませんが、各通貨ペアでおすすめできる設定値というのがありますので、紹介しておきます。実際にトレードしながら、合うものを選んで調整してみてください。
※([Length],[Method],[Smoothing],[Filter])の順に記載します。

USD/JPY

(4,2,4,1)
(2,0,4,1)
(5,3,2,5)
(6,3,3,2)

EUR/JPY

(5,3,1,2)
(5,3,1,3)

EUR/USD

(5,3,1,3)

GBP/JPY

(7,3,2,2)
(3,2,3,4)
(4,0,2,4)
(7,3,4,6)

これが正解というパラメーターの設定値はありませんので、VQを使いながら調整してみてください。

テキストのコピーはできません。