クリック報酬型広告

グーグルアドセンスの申し込み方法と審査と注意点

投稿日:2014年3月1日 更新日:

インターネットで極めて少額ではありますが、収入が発生し始めました。

とても小さな金額ですが、インターネットで収入が得られたという経験は、モチベーションアップになりました。

何から収入が発生したか?というとグーグルアドセンスからの収入です。

グーグルアドセンスとは、クリック報酬(保証)型の広告のことで、無料で利用できます。

自分のホームページへの訪問者が、設置したアドセンス広告をクリックした時点で、報酬が発生します。

自分のホームページの内容に合った広告や、訪問者の興味のある内容の広告が自動的に表示されます。

このため、アドセンスで報酬を上げるためには、ホームページへのアクセス数を増やすことが重要です。

グーグルアドセンスの広告をホームページに初めて掲載するときは、審査を受けなければいけません。

グーグルアドセンスを申し込む前に、広告を掲載するホームページを準備する必要があります。

準備するホームページは、コンテンツがあって、ボリュームがないと審査に通過しません。

ブログであれば、10記事以上で、1記事600字以上が、目安とされています。

審査用に、ブログで日記を書くときは、このくらいのボリュームにしましょう。

私の場合は、実際に広告を掲載するホームページを審査してもらい、審査に通過しました。

審査用のホームページを準備できたら、実際にグーグルアドセンスに申し込みます。

グーグルアドセンスを始めるには、グーグルアドセンスのサイトに移動します。

グーグルアドセンス

グーグルのアカウントをすでに持っていれば、ログインします。
(グーグルのアカウントを持っていなければ、[アカウントを作成]をクリックして、グーグルアカウントを作成します)

グーグルアドセンス申し込み1

[はい(Googleアカウントでログインする)]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み2

Gmailアドレスとパスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み3

[広告掲載先のURL]に審査用に作成したホームページのURLを入力します。
[コンテンツの言語]を日本語に設定します。
プログラムポリシーの遵守の同意にチェックをいれて、[次へ]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み4

申し込みに必要な情報を入力して、[お申し込みを送信]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み5

申し込みが完了して、1次審査が始まります。結果がでるまで1週間程度かかります。

グーグルアドセンス申し込み6

無事に1次審査に通過すると、以下のようなメールが送られてきます。
メール文中のリンクをクリックします。

グーグルアドセンス申し込み7

利用開始までの流れを確認したら[管理画面にログインする]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み8

メールアドレスとパスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み9

利用規約が表示されるので、確認後、「はい、私は上記の利用規約を確認し、その内容に同意します。」を選択して、
[AdSenseアカウントに移動]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み10

「Google Adsenseへようこそ」を閉じて、[広告の設定]タブをクリックします。

グーグルアドセンス申し込み11

[+新しい広告ユニット]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み12

広告ユニットの作成に必要な情報を入力、選択して、[保存してコードを取得]をクリックします。

グーグルアドセンス申し込み13

取得したコードをコピペして審査用のホームページに広告を掲載します。

広告を掲載したスペースは空白の状態になります。これで2次審査が始まります。

数日後、2次審査に通過したら、広告が掲載されるようになります。

グーグルアドセンスの規約に違反すると、アカウントが警告を受けたり、場合によっては、アカウントを停止される可能性があります。グーグルアドセンスの規約に違反しないよう気をつけましょう。簡単に注意点を挙げておきます。

グーグルアドセンスで扱ってはいけないジャンルがあります。

具体的には

アダルト
ギャンブル
犯罪や不正行為
タバコ
飲酒
薬物
武器や兵器
ハッキングやクラッキング

が挙げられます。

グーグルアドセンスで、やっていけない行為もいくつかあります。

不正クリック、不正表示、クリック誘導も禁止です。

自分で広告をクリックしたり、アドセンス広告にクリックを誘導することは、やめましょう。
クリックを誘導するような表示や文を掲載することも、違反になります。

個人、集団、組織を誹謗中傷することも禁止です。

著作権に抵触する内容も禁止です。

露出の多い水着などの画像の使用も、好ましくないようです。

ブログでアドセンス広告を利用しているときは、タグやタグクラウドの使用はやめましょう。

タグを利用していると、バックグラウンドでタグだけのページた作成されてしまいます。
これが、コンテンツ不足で規約違反となります。
私自身も、タグの使用で1度警告を受けて、広告表示が停止したことがあります。

アドセンス広告は、アフィリエイト広告との併用も可能です。

ただし、併用すると収入が減少したり、逆効果になることがあります。

アドセンス広告は、1ページに最大で、3つまで掲載することが可能です。
(正確には、標準広告ユニット3つ、リンクユニット3つ、検索ボックス2つまでになります)

注意点は、以上になります。

グーグルアドセンスは、初心者でも収入を獲得しやすいので、挑戦してみるとよいです。

<スポンサーリンク>

Pandora2   YTM(MUGEN)

-クリック報酬型広告
-, , , , ,

関連記事

アドセンスに適したSEO対策済WordPress無料テンプレート2選

ワードプレスを運営する際に、ワードプレスのデザインを決定するテンプレート選びは、重要な作業の1つです。 ワードプレスのテンプレートは、インターネット上にたくさん公開されています。無料のものから有料のも …

クリック保証型広告 マイクロアドに申し込んでみた結果

マイクロアド(MicroAd)は、クリック報酬(保証)型広告を提供しています。 マイクロアド グーグルアドセンスを利用できるのであれば、特に利用する必要はないです。 ただ、マイクロアドは、グーグルアド …

クリック保証型広告 忍者Admaxとは?

クリック報酬(保証)型の広告でアドセンスの次におすすめできるのが、忍者Admaxになります。 ※クリック報酬(保証型)の広告とは? ホームページへの訪問者が、設置した広告をクリックした時点で、報酬が発 …

Youtubeをアドセンスと関連付けて収益化して広告収入を得る設定方法

Youtubeに動画をアップして、広告収入を得ることに挑戦してみました。 まずは、広告収入を得るためにYoutubeでアドセンスと関連付けします。 Youtubeをアドセンスと関連付けて収益化する設定 …


<スポンサーリンク>