平秀信氏のMMSを購入した結果⇒自己満足で終了(ToT)

未分類

(これは私がまだネットビジネスを始めた頃のお話です)

プチリタを目指して挫折した私は、そのときに言われた「億万長者を目指そう」という教育(洗脳?)を鵜呑みにして、億を稼ぐことを目指し始めます。メルマガに掲載されていた目を引くキャッチコピーに何気なく飛んだページに惹きつけられます。

その長い1枚のページ、いわゆるLP(ランディングページ)には、平秀信氏の生い立ちから億まで稼げるようになった経緯や熱い思いが記されていて、読み入ってしまいました。最後に億万長者になるための情報商材「MMS」が販売されていました。

MMS(Millionaire Marketing System)は10万円以上もする決して安くない高額商材でしたが、LPに引き込まれ不安感を煽られ買わずにはいられない心理状態に陥りました。億を稼ぐ上で必要不可欠だとこの時は思ってしまったんですね。

結局、不安を煽られ買うことを決意して、清水の舞台から飛び降りるような感覚で、購入しました。購入して商材が届いても、しばらくは怖くて箱を開けられませんでした。それを学べば、億万長者になってしまうかもしれないと思うと怖かったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

平秀信氏とは?

住宅販売会社のほかに、情報販売会社など複数の会社を経営する敏腕の現役経営者です。ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)を駆使した販売手法で、売り上げをあげ続ける本物の億万長者です。長崎県出身で一級建築士資格を持ち、情報販売も行う情報起業家としても活動されています。

MMSを購入したランディングページ(LP)にも平氏の壮絶な過去の人生が書かれていて、深く共感させられました。と、感心するのではなく、このLPがよくできていまして、買う予定のない人まで買わせてしまうという、とてもよく考えられた練りに練られたLPだったのです。

いわゆるエモーショナルマーケティングを駆使したLPになっていて、読み手の感情を揺さぶることで、衝動的に購入を促すという技術を用いた販売ページになっていました。そういうページが作れるということは、真の実力者であると言えます。

MMSを購入してみて

MMS(Millionaire Marketing System)が到着して、しばらくは怖くて開けられませんでした。正直、MMSを買った瞬間に億万長者になってしまうかもしれないという恐怖心に襲われました。MMSを買っただけで、億万長者になった気分になってしまったのです。実際にはそんなことはありませんが・・・

しばらくして、神妙な気持ちで、MMSの教材を1つ1つ勉強していきました。ネタバレするといけないので、MMSを簡単に説明すると、どうやって工務店に集客して家を販売していくかというプロセスを説明してくれる教材になります。

チラシを使って集客するのですが、そのチラシの作り方やキャッチコピーの作り方、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)を駆使した見込客の集め方、経営のやり方など、平氏が辿ってきた億万長者への道のりを学ぶことができます。

私自身も億万長者になろうと決意し購入したので、真剣にDVDを見て勉強しました。しかし、行動に移す時は今までに一度も訪れていません。未来にそういう時が来るかはわかりませんが、私が目指しているものとは違うので、その日が訪れるかはわかりません。

なぜ行動に移せなかったのか?

MMSを一通り学習して、なぜ、行動に移せなかったのか?それには、いくつか理由があります。まず1つ目は、億という金額が全く現実味がなく、イメージが全くわかなかったということです。どうすれば、億の金を稼げるのかというプロセスが全く見えず、目標が大きすぎました。

よく大きな目標は、細分化して小さな目標に分解して、それを1つ1つこなしていけばよいと言います。しかし、実力のない私には、どう分解したらよいか?全くイメージもつかず、わかりませんでした。

次に2つ目の理由としては、そもそも会社を作ることに抵抗があったということです。正直、ネットビジネスは副業でプチリタイヤしたくて始めています。それが、いきなり会社を作って億を目指して取り組もうとしても抵抗があったのです。

いわゆるメンタルブロックというやつだと思いますが、このメンタルブロックをはずさなければならないとよく言われていましたが、今思えば、自分には会社を作って起業することは合っていなかった向いていなかったということがわかります。

そして、3つ目の理由が広告を使うことに抵抗があったということです。よくビジネスを行う上でレバレッジを効かせるという言葉がありますが、まさに広告がそれにあたります。しかし、成功するかわかりもしない広告に自分の身銭を切ることに抵抗がありました。

今でこそ、ゴミ商材にお金を使うくらいなら、仕組みづくりにお金を使うことに少しは寛容になりましたが、今でも広告費を使うビジネスには抵抗があり苦手です。私がビッグビジネスに向いていない最大の理由の1つになります。

完全なるミスマッチ

MMS自体は、詐欺的な商材では全くなく、とてもまともなDRMを駆使した億を稼ぐための情報商材です。ただ、問題だったのは、私にはあまりにもレベルが高すぎる情報商材だったということです。勉強にはなりましたが、実行には移せませんでした。

私は本来ネットビジネスで稼ぎたいと思っているのに、チラシやDMを使った手法を学んだところで、全く活かせないわけではありませんが、ミスマッチを起こしていたわけです。もちろんDRMの手法は、ネットビジネスでも使えますが、住宅販売の手法は必要なかったわけです。

もちろんビジネスセンスがあれば、MMSをネットビジネスに転用して活かすことができたでしょう。しかし、私はビジネスセンスもなければ実力もないので、それをネットビジネスにうまく活かすことができませんでした。

私には、ネットビジネスについて直接的に書かれている情報が必要でした。何が自分にとって必要であるのかが、このときにはわかっていませんでした。そして、圧倒的に実践すること、つまり、アウトプットが足りていませんでした。

教訓

今回のMMS購入で得られた教訓をまとめます。

  • 衝動買いをしない
  • 情報は今本当に必要な情報を購入する
  • 内容のわからないものは購入しない
  • 自分のレベルに合ったものを選ぶ

これらの教訓を意識しないと、ただのノウハウコレクターになるわけです。私もこのあと、どんどんノウハウコレクターと化していきます。実際、このあとも億を稼ぐことを目指して、平氏のノウハウを購入し続けます。しかし、インプットばかりでアウトプットできないままでした。

(購入したほかの情報商材については、別記事で書くかもしれません)

まとめ

平秀信氏は本当の億万長者で、真の実力者であり、その教材であるMMS(Millionaire Marketing System)は、優れた情報商材でした。しかし、実力やビジネスセンスのない私は、真剣に学びインプットはできましたが、それをアウトプットし実践する能力がありませんでした。

このMMSにはニュースレターという形で、定期的に送られてくる教材である「Wealth Club」にも追加で申し込み、インプットだけは真面目にし続けました。しかし、アウトプットする日が来ることは未だにありません。せっかく教材は持っているので、時間のあるときに改めて見直してみようと思います。

そもそも億万長者を目指したいわけではないということに、このときは気づいていません。ただ、教育されて馬鹿正直に言いなりになって目指しているだけでした。そこには、主体性が欠けていたのかもしれません。それに気づくまでには、さらに歳月を必要とします。

結局、買ったことで億万長者になったような気分になり、自己満足しただけで終わるという情けない結果になってしまいました。

テキストのコピーはできません。